育児のイライラ解消法!ストレスの蓄積は一気に老ける原因に

毎日毎日育児&育児・・・。イライラが溜まりますよね。

そのイライラ、ちゃんと解消できてますか?積もり積もってヤバイことになっていませんか?

このブログは美容ブログなので美容の観点からお話しすると、育児のイライラを蓄積させると一気に老けます。

よくある「疲れたお母さん」な見た目だけでなく、本当に老化現象が起こってしまいます。

「今は見た目なんてどうでもいい。」と思うかもしれませんが、育児が一段落ついた頃に鏡を見て愕然としますよ。

まさに私がその状態だったのですが、ストレスを溜めまくって毎日イライラしていたせいか、一気に老けました。毎日鏡を見るのが嫌でたまらなかったですから。

それくらい、日頃のイライラ解消は大事です。

イライラを解消することは、今切羽詰まっている自分のためでも、そして目の前にいる子供のためでもあるけれど、それと同じくらい「将来の自分のため」でもあったりするんですよ!

 

スポンサーリンク

独身時代と子育ては「イライラ」が違う

イライラの決定的な違い

イライラとひと言で言っても、子供を産む前にも仕事や人間関係などでも少なからずイライラしてましたよね。

でも、子育てと明らかに違うのは、大きく分けて2つあると思うんです。

それは、育児のときは「イライラする頻度が圧倒的に多いこと」そして「現実逃避できないこと」

独身時代は嫌なことがあったら家でふて寝したり、ヤケ酒飲んだり、夜遅くまで友達に愚痴聞いてもらったりできましたが、育児中となるとそれがなかなかできないですもんね・・・。

これって何気にすごーく重要だと思うんです。

しかも、育児となると、

  • 自分の時間が全然持てない。
  • ずっとそばに子供(イライラの元凶)がいる。
  • 仕事と違って休みの日がない
  • 度重なる睡眠不足でどんどんマイナス思考になる
  • 旦那は使えない

などなど、何もしなくてもイライラが蓄積される一方。

同じ「イライラ」でも、独身時代とはもはや雲泥の差です。

現に、私は独身時代は滅多に怒らない性格だったのに、子供を産んでから人が変わったかのように何度もブチ切れるようになりました。

夫からも「こんな性格だったっけ?」と驚かれるまでになってしまいましたよ。(そのひと言が余計イラッとさせられるんですけどねw)

 

育児のイライラが老化につながる理由

そして、子供を産んで一気に老ける大きな原因のひとつが、何を隠そうこの「ストレスをうまく発散できていない状況」にあります。

夫が朝から晩まで仕事で家には一人(子供と二人)。

実家が遠くて頼れない

周りに友達がいない

など、どうしても育児中のママは孤独になりがちですよね。

私も娘が幼稚園に入るまではママ友なんてひとりもいませんでした。

児童館や公園に連れていっても常に一人。

家では朝から晩まで泣きまくる娘を相手にただ抱っこしていて、気付けば一日誰とも話してない、ということがしょっちゅうでした。

それが毎日毎日繰り返し。

きっと、これを読んでいるあなたも同じような状況にいるのではないでしょうか?

誰とも会話がない、楽しい時間がないと、普段から笑わなくなってしまいます。

笑わないということは、その分表情が硬くなってしまっているということ。そこにプラスして眉間にしわが寄った表情が多かったり、いつも口がへの字になっていたりすると、それがそのままシワになったり、ほうれい線ができたりしてしまうんです。

その時間が長ければ長いほど、毎日繰り返されるほど老けてしまうんですよ。

関連記事肌と「笑顔」の関係性 日頃から笑顔でいるだけで肌質が変わる?

 

ストレスと白髪の関係

また、ストレスが溜まることによって良く言われるのが「白髪が一気に増える」というもの。

「あれ、迷信でしょ?」と思うかもしれないですが、あながち間違いではないんですよ。

というのも、強いストレスがあると、髪の毛細血管の中の「血液の流れ」が悪くなるのですが、そうすると髪の中まで栄養が行き渡らなくなり、髪に色を付けている細胞が無くなってしまうんです。

その結果、見事に「白髪」になってしまうというわけなんですね。

しかも、ストレスで10円ハゲになってしまうと、その後そこから生えてくる髪の毛はかなりの確率で「白髪」になってしまうんですよ!

関連記事白髪が生えたら次もう黒髪は生えてこない?抜くと切る、影響の違いは

ちなみに私は10円ハゲにはまだなっていませんが、ついこの間、スーパーで買い物中に夫に白髪(しかも複数)を発見されてしまいました。涙

自分で見つけるのもショックですが、他人に指摘される白髪というのはかなりショックが大きいです。

「まだ白髪は大丈夫だろう」と思っていても、ある日突然一気にくるので(体験談)油断しない方がいいですよ!

スポンサーリンク

実際に試して効果的だった育児イライラ解消法

そんな私ですが、現在はイライラした時にこんなことを実践してイライラを解消するようにしています。

敢えて子供にハグをする

まず、イライラしてるけど、まだ何とか感情をコントロールできそうなとき。

何も意識をしないとつい子供に小言を言ってしまうのですが、その代わりに敢えて娘をギューッとハグします。

これ、私の場合すごく効きます。

ハグするまではイライラした状態なんですけど、実際ハグすると、さっきまでの怒りが不思議と徐々に和らぐんです。

そして、ハグされた娘もそのまま受け入れてくれます。(それがまた可愛い)

で、気がついたら

「〇〇じゃないって言ったじゃん!怒」から「次からは〇〇しようね?」なんて言葉に変わってたり。笑

娘も、怒られて大泣きしてても、ハグされることで気持ちが落ち着くみたいで、結果円満に解決していることが多いですね。

泣く

最近は「涙活(るいかつ)」なるものも流行ってますよね。

人間は、笑うよりも泣くことで大きくストレスが発散できます。

実際、泣いてスッキリした!という経験ありませんか?私は今まで数えきれないほどあります。

中でもおすすめは、テレビドラマや映画などを集中して、感情移入して「泣く」です。

一瞬でも、育児を忘れられる時間はあった方がいいです。というより、無くてはダメ!

せめて子供がお昼寝している間は育児から完全開放されて、思いっきり自分の空間を作って泣いてしまいましょう!

ちなみに私のおすすめは「Mother」「もう一度君に、プロポーズ」。これは鉄板で泣けます。

あとは、やはり「コウノドリ」ですね。結局育児とは切り離せない時間になるけれど、改めて出産の時の幸せな気持ちを思い出して心がギューッとなります。

「わざわざドラマをレンタルするのはめんどくさい」という人は、Amazonプライムに入ってしまえば年間3,900円(月325円)でかなりの量の映画やドラマを観れるのでおすすめですよ!

私はこれで娘が寝た後に色々観まくってます。この時間を楽しみに育児を頑張ってる、と言っても過言ではないですね。

関連記事子持ち主婦には断然amazon利用がおすすめ!楽天よりも優れている5つのポイント

思いっきり八つ当たりする

また、もう自分でもどうしようもないくらいイライラしている時。

そんな時は、一旦子供から離れて別の部屋で思いっきり枕に八つ当たりしてしまいましょう。

ここでのポイントは、枕にです。間違っても子供にしちゃダメですよ。

もう、枕だったらぶん投げたり、ボコボコに叩いたり、枕に顔を押し付けてうおーとか叫びまくったり何してもOK!

誰にも見せられない姿ですが、これがけっこうストレス発散になっていいんですよね。

そして少し時間をおくと、それだけでもかなりイライラが無くなってるはずです。

少なくとも、さっきまであったピークよりは落ち着いて、感情をコントロールできるまでにはなっているはずです。(まだだったら、そうなるまで少し時間をおきましょう)

そこまでいったら笑顔で子供の元で戻るのも良し、先ほどの「子供を敢えてギュー作戦」をするも良し!

子供って、基本ママのことは大好きですが、それでも怒ってるママってそれだけでビクビクしちゃうんですよね。

怒れば怒るほど子供は怖がって泣き叫ぶので、まさに悪循環。

イライラが長引けば長引くほど子供が泣いてる時間も長くなるので、なるべくイライラは引きずらずに気持ちを切り替えるようにした方が絶対にいいですよ!

 

まとめ

毎日育児をしていると、嫌でもイライラしてしまいますよね。

それはもう、仕方ないこと。むしろ、それだけ一生懸命子供と向き合っているという何よりの証拠です。

なので、イライラしてしまう自分を決して責めないでください。

頑張ってるから、イライラもしてしまうんです。

そう、あなたは十分頑張っているんです!!

でも、うまく発散しないとあなたのためにも子供のためにも悪影響。これは確かです。

そして、その育児のイライラ期が終わった時に一気に私のように「老けた自分」に愕然としないためにも、やはりイライラとはうまく付き合わなければいけません。

今回、私が挙げたことの他にも

  • 旦那が帰ってきたら思いっきり愚痴をぶちまける(旦那はただ共感してくれれば良い!)
  • 思ってること、汚い言葉も含めてノートに殴り書きして、最後にぐちゃぐちゃにして燃やす!
  • ストレス解消パンチバッグを買って殴りまくる!

でも何でもいいです。

肝心なのは、今の「イライラ」を蓄積させないこと。

そして、できればその日のうちに解消させること!

最初は難しいかもしれないけど、少しずつ改善して、子供にとっても「にこにこママ」「いつまでもキレイなママ」になれるよう、お互い頑張りましょうね!

スポンサーリンク





この情報をシェアする