育児のイライラの影響で一気に老ける!回避する方法は?

今日は久しぶりに大学時代の友達と再会しました。

久しぶりだったので、積もる話がたくさんあってそれなりに楽しかったんですが、やっぱり独身の友達って若いですね。

昔と全然変わってない友達と、ここここ数年で一気に老けた私。この差歴然でした。。。

やっぱり出産して毎日子育てしてるのが原因なのかなぁと思って調べたら、案の定やっぱりそうでした。笑

【スポンサーリンク】

独身時代と子育ては「イライラ」が違う

イライラの決定的な違い

イライラとひと言で言っても、子供を産む前にも仕事や人間関係などでイライラしてましたよね。同じ「イライラ」なのに、どうしてこうも違うんだろう?と思う人もいるよ思うのですが、そこには明らかに違う点があります。

それは、育児のときは、「イライラする頻度が圧倒的に多い!」そして「自由な時間が極端に少ない!」ということです。

独身時代は嫌なことはあったら家でふて寝したり、ヤケ酒飲んだり、夜遅くまで友達に愚痴聞いてもらったりできますけど、育児中となるとそれがなかなかできないですよね。

しかも育児となると、

  • イライラしても逃げられない。
  • ずっとそばに子供(イライラの元凶)がいる。
  • そして仕事と違って休みの日がない などなど。

そう考えると、同じ「イライラ」でもやっぱり独身時代とは全然違うんですよね。(実際に、私は独身時代とは比べものにならないくらいブチ切れたことが数回あります。)

育児のイライラがどうして老けるのか

そして、子供を産んで一気に老ける大きな原因のひとつが、何を隠そうこの「ストレスをうまく発散できてない状況」にあります。

もちろん、精神的な原因も大きいです。しかも、それに加えて

  • 普段あまり笑わないで表情が固くなってしまう
  • ずっとイライラしてて眉間にシワを寄せている
  • いつも口がへの字になっている・・・

そしてそういう時間が長ければ長いほど、それがそのままシワになったり、ほうれい線ができてしまうそうです。

 

ストレスと白髪の関係

また、ストレスで一気に増えるとよく言われる「白髪」ですが、あれも実際に当たってます。

簡単に言うと、

  1. 強いストレスがある
  2. 髪の毛の毛細血管の中の血液の流れが悪くなる
  3. 髪の毛の中まで栄養が行きわたらなくなる
  4. 髪の毛に色を付けている細胞がなくなる

そしてその結果、見事に「白髪」になってしまうそうです!

しかも、ストレスで10円ハゲになってしまうと、その後そこから生えてくる髪の毛が「白髪」なことってけっこう多いらしいですよー!

白髪が生えたら次もう黒髪は生えてこない?抜くと切る、影響の違いは

2015.07.18

ちなみに私は10円ハゲこそまだなっていませんが、ついこの間、スーパーで買い物中に夫に白髪を発見されました・・・。もしかしたら、自分が思っている以上にストレス発散できずに日々のイライラが蓄積されちゃってるのかもしれません><

【スポンサーリンク】

私の育児イライラ解消法

ちなみに、そんな私が現在イラッとした時に実践してるのは主にこの2つです。

イライラ小のとき

まず、イライラしてるけど、まだ何とか感情をコントロールできそうなときは、敢えて娘をギューッとハグする。

これ、私の場合すごく効きます。

ハグするまではイライラした状態なんですけど、実際ハグすると、さっきまでの怒りが確実に和らいでる自分がいます。

で、気がついたら

「〇〇じゃないって言ったじゃん!怒」から「次からは〇〇しようね?」なんて言葉に変わってたり・・・(笑)。

娘も、怒られて大泣きしてても、ハグされることで気持ちが落ち着くーってこと結構ありますね。

 

イライラ大のとき

また、もう自分でもどうしようもないくらいイライラしてる時は、一旦娘から離れて別の部屋で思いっきり枕に八つ当たりする!

ぶん投げたり、ボコボコに叩いたり、枕に顔を押し付けてうおーとか叫びまくったり(笑)。

誰にも見せられない姿ですが、これがけっこうストレス発散になっていいです。(その分娘に手をあげてないないのでいいかと。。。)

で、ちょっと時間をおいて自分を落ち着かせてから、笑顔で娘の元へ向かいます。

最近すごく感じたんですけど、子供って怒ってるママってすごく嫌いなんですよね(当たり前だけど)。

なので、怒れば怒るほど、子供は怖がって泣き叫びます。イライラが長引けば長引くほど子供が泣いてる時間も長くなるので、なるべくイライラは引きずらずに気持ちを切り替えるようにした方が絶対にいいです。

まとめ

今の目標は、なるべくイライラを溜めないこと!

最初は難しいかもしれないけど、少しずつ改善して、子供にとっても「にこにこママ」「いつまでもキレイなママ」になれたらいいですね。

スポンサーリンク





この情報をシェアする