ヒルドイドの美容目的使用・・・思わぬ副作用とは?

少し前に流行った、「ヒルドイド」を美容目的として使う方法。

ネットですごく話題になりましたよね~!

有名な芸能人も話題に出していたりして、中には「数万円する美容クリームよりも美容効果が高かった」なんて声もあったほどです。

でも、本来の使用法はあくまでも「肌の乾燥治療のもの』。美容目的で作られたものではありません。

実際に美容目的で使用して副作用が出たという声もありますので、絶対に安易に使わないようにしてくださいね!

私はヒルドイドが話題になるかなり前に一度だけ美容目的で購入したことがあったのですが(全額自己負担で購入しました)、それでも「美容に適したものではない」と実感しましたよ。。。

スポンサーリンク

ヒルドイドの皮膚への効果を分析!

ヒルドイドは主に「ヘパリン類似物質」という成分でできています。

名前だけ聞いてもいまいちよく分からないですが、皮膚科ではかなり有名な処方成分です。

  • 保湿効果
  • 血行促進効果
  • 抗炎症作用効果

の3つの働きがあって、通常は美容目的ではなくてあくまでも「乾燥肌の治療」として使われてるものなんですよね。

ここからどうやって美容につながったのだろう?と疑問に思ったのですが、どうやらこれらの3つの効果を下記のようにして【美容にもいい】と考えられているようです。

保湿効果

ヘパリン類似物質は、ワセリンと同じく保湿効果があります。

でも決定的に違うところがあって、ワセリンはどちらかというと「表面だけの保湿」、そしてヘパリン類似物質は「基底細胞にまで保湿」してくれます。(小林製薬さんのサイトの図がとても分かりやすいので載せますね。)
dd-compressor (1)

これを「真皮まで届く=お肌に浸透してもちもち肌になるに違いない!」と勘違いして使う人が続出したのだそうです。

血行促進効果

お肌の血行が良くなると、内部でお肌の再生が促されて、新陳代謝が活発になるというメリットがあります。

そこから「肌の再生=肌がキレイになるはず!」といった声が多く上がるようになりました。

抗炎症作用効果

抗炎症作用効果とは「傷を治してくれる効果」なのですが、ここから「ニキビや肌荒れなどにも効く!」という考えが広まりました。

実際私がヒルドイドを知った時も、肌荒れで悩んでいる多くの人が購入して口コミをしていた覚えがあります。

スポンサーリンク

ヒルドイドの副作用は「全くない」は大うそ!

そして、よくヒルドイドは「赤ちゃんにも塗るクリームなので副作用はないんですよ~!」といった記事を見かけますが、あれは全くの嘘です。

まず、ひとりひとりの肌は違うのに副作用が全くないというのはありえないですよね。

実際、ヒルドイドの副作用として挙げられてるのが「痒み、赤み、発疹」なんですが、口コミなどを見ると「まぶたなどの皮膚が薄いところにつけたら赤みが出た」なんて声も結構あったりします。。。

赤くなっただけならまだ良いですが、万が一目に何かあったらと考えると恐ろしいですよね(;´Д`)

そしてもっと怖いのが、本来の使用目的【以外】で使っているので、完全に『自己責任』になってしまうということ!

訴えることももちろんできないですし、皮膚科に行ったとしても、経緯を伝えるのにすごく気まずい思いをしてしまいますよ。

 

結論
ヒルドイドはあくまでも「乾燥治療のもの」!
お肌は、結局「美容目的」で作られた商品でないとキレイにならない

 

記事の前半でも言いましたが、私は以前、世間のモデルさんたちがヒルドイドをおすすめしていた時に一度だけ保険適用外で買ったことがあります。が、結果から言うとお金と時間のムダで終わってしまいました(T_T)

※その時の記事も載せますので、ぜひあわせて参考にしてみてください。

・ヒルドイドを使って後悔!美容に向いてない商品だと痛感した体験談

当時はすごく期待してたのに、ダメだったか~!><というのが正直な感想でした。

ちなみに今は、色々試した結果、卵殻膜美容液の「ビューティーオープナー」に落ち着いています。

 

11059

やっぱり美容のために作られた商品!効果が全然違いますね。

こちらについては下記記事で詳しくレビューしているので、興味のある方はぜひ参考にしてください。

ビューティーオープナーをお試しレビュー!1週間ですでに効果を実感!!

スポンサーリンク