ディート入り虫除けスプレーが子供&赤ちゃんに適していない3つの理由

もうすぐ夏の到来ですね!

基本的に夏は大好きなのですが、暑くなると心配のタネになるのが『子供の虫刺され』です。

というのも、子供特有なのか?同じ場所に行ってもなぜか娘だけがめちゃめちゃ刺される・・・!

なので、出かける時には必ず虫除けスプレーをしてるんですけど、正直今までスプレーに含まれてる『成分』ってそこまで考えたことなかったんですよね。

「子供でも使える」って書いてあればオッケー!みたいな。

でも、スプレーに入っている『ディート』という成分、調べれば調べるほど子供や赤ちゃんには向いてないんじゃ。。。と思うようになってきました。

スポンサーリンク

ディートとはずばり「農薬成分」!

ディートという成分は、一般的に出回っている虫よけスプレーのほとんどに含まれています。

その正体は、農薬成分!元々はアメリカ軍が兵士の【マラリア予防】のために開発してつくられた成分なんです。

なので虫除け対策としてもかなり強い効果を発揮してくれて、なおかつ業者としても安価で手に入るのでたくさんの虫よけスプレーに配合されているんですよね。

ただ、やはり元々マラリア予防のために作られたものだけあって、肌への刺激が心配ですよね。

 

実は、一般的にディートは「毒性は低い」と言われてるんですが、それと同時に「まれに人体への影響もある」といったことも報告されてるんです。

現に生後6ヶ月以内の赤ちゃんはディート入りの虫よけスプレーは使えないです。

6ヶ月以上の赤ちゃん&子供でも、使用制限がある成分なんですよ!

 

ディートを使うことで起こりうる副作用

ずばり、ディートの主な副作用として挙げられているのは、神経障害皮膚炎といった症状です。

ひと言で「神経障害」「皮膚炎」と言っても色々ありますが、軽いものだと湿疹ただれヒリヒリ感痛みやしびれ、重いものだとマヒけいれんといったものがあります。

ちなみに、現時点(2017.5月時点)で国内で報告されている副作用は軽い皮膚炎程度のものとのことなのでそこまで心配する必要はないかもしれません。

ただ、それでも私としては、ディートは『自分にだったら特に気にしないけど、子供にはできるだけ使わせたくない』です!

というのも、子供って大人よりも肌が弱いですよね。なので、一般的に大人よりも副作用が出やすいと言われてるんですよ。

それを、自分にかけるならまだしも(自己責任)、自分以外の人間に夏中ジャンジャンかけまくるのって単純に怖くないですか?

しかも、自分の命より大事な我が子に!!

副作用は少ないとはいえ、子供が副作用で痛がったり泣いたりしてしまったら超絶後悔すると思うんですよね~。。。

しかも、このディートって副作用もそうですけど、他の面でも子供や赤ちゃんには向いてないと思う理由が【3つ】あるんです。

スポンサーリンク
 

子供&赤ちゃん向けじゃないと思う3つの理由

理由その1:使用制限が厳しい⇒結局効果が期待できないから

ディート入りのものって、子供に対する使用制限がかけられていて、注意書きに

・6ヶ月未満の乳児には使用しないこと

・6ヶ月以上2歳未満は、1日1回

・2歳以上12歳未満は、1日1~3回

・12歳未満の顔には使用しないこと

って書かれてあるものがほとんどです。

つまり、いくらディートの虫除け効果が高いとしても、子供にはあまり発揮することができない、というわけです。

でも、それって結局効率かなり悪いと思いませんか><?

ただでさえ子供って体温が高くて蚊が寄りやすい環境にあるのに(蚊は体温の高い人に寄ってくる傾向があります)、1日1回しかスプレーできないって!

しかも6ヶ月未満の赤ちゃんには全く使えないって!汗

赤ちゃんだって公園散歩連れて行きたいだろうし、子供なんて1日中外で遊びまくってるのに、あまり使用できなかったら結局たくさん刺されてしまいますよね。

ちなみに、ディートには濃度があって、濃度が高ければ高いほど効果が長持ちすると言われています。(「高い」じゃなくてあくまでも「時間」です)

子供が使える虫よけスプレーとしては最高12%のものまであるんですが、

濃度4.75% → 約1時間半

濃度6.65% → 約2時間

濃度20% → 約4時間

 

と言われているので、1日に1回なら約3時間くらいしか効かないという計算になってしまうんですよね~。

しかも、日中汗をかいてスプレーが落ちてしまったら、その分効果も半減!せいぜい1~2時間に減ってしまいます。

つまり、お出かけ前や幼稚園前に一振りしたとしても、お昼前には効果が切れてしまう!

ただでさえ使用制限がある中で、1回の持続時間がこれほどにまで少ないと 「これってあんま意味ないんじゃ・・・」と思わずにはいられないです。

 

理由その2:使用方法を守っても結局危ないから

そしてもうひとつ私が心配することは、スプレーをかける相手は【子供】ということです。

そう・・・子供って、基本じっとしてないじゃないですか!?

途中で動いてしまったり、予想もしない行動をしたりして、思わぬところにスプレーがかかってしまう可能性って十分にあると思うんです。

(実際、私もこれまでに何度も試みましたが、スプレーに興味を持って顔を近づけてこようとした事があってヒヤリとした経験が何度もあります。)

また、顔にかからなくても、暴れた手にかかってしまって、それを顔や口に持っていったり、そのまま目をこすってしまう可能性だって考えられます。

相手が子供だと、いくら親が気をつけていても全く意味なかったりしますよね。

何かあってからじゃ遅いし、何より毎回最新の注意を払いながら使うのも結構大変です。

 

理由その3:日焼け止めとの併用がキケンすぎるから

そしてあまり知られていないのがコレ!

実は、ディートは他の化学合成物質と一緒に使うと、ディートのみを使った時よりも【重度の神経障害を招く】と言われてるんですよ。

しかも、実際に台湾では、過去に日焼け止めとディート入りの虫除けスプレーを一緒に使ってその10分後に中毒を起こして意識を失ってしまった人がいるとのこと!

もちろん、海外製の日焼け止め成分がどうとか、日本製なら安全とか、色んな意見があると思いますし、実際にwikipediaでも「ディートは日焼け止めを塗った後に使いましょう」といった記述があるので問題ないのかもしれないですが、

実際に日焼け止めと併用して副作用が起こった事例がある以上、同じことを子供にするのはやっぱり怖いですね。

 

赤ちゃん&小さい子供にはどんな虫よけスプレーがおすすめ?

当然赤ちゃんだって虫に刺されますし、子供だって小まめに虫除け対策するに越したことはありません。

でも、そのためには

  • 安心安全に使えるもの
  • 尚且つ、子供相手でも使いやすいもの

この2つを最低限満たすものではないといけません。

なので、ディート不使用なのは当たり前!

そして、それに加えてより手軽に使えるものがないかと調べたうえで、今わたしの娘に使用しているのがアロベビーという虫除けスプレーです。

この虫除けスプレーはディート不使用なのはもちろん、日焼け止めの効果(SPF15)もあるので、一度スプレーしてしまったらもうそれでおしまい!

子供の機嫌が悪い時や、動き回る時でもササッとできるのであっという間に終わりますよ~。^^

また、新生児から使うこともできますし、万が一気に入らなかったら15日間の返金保証もあるので気軽に試すこともできます。(私はそれで始めました)

使い心地や細かな感想などについては下記の記事でまとめましたので、ぜひこちらも参考にしてくださいね!

アロベビーの虫除け&日焼け止め(UV)効果は?成分より徹底解析!

 

まとめ

ディートは虫除け効果は高い!けど、正直赤ちゃんや小さい子供にはあまり良い成分ではありません。

毎日肌につけるものだからこそ、子供にはできるだけ安全な「ディート不使用」の虫除けスプレーを使うようにしてくださいね。

スポンサーリンク





この情報をシェアする