しずかちゃんは肌ボロボロ&臭い?1日にお風呂に入る回数が肌に与える影響がすごい

最近、娘の影響で毎週のようにドラえもんを見るようになりました。

ドラえもんと言えば「きゃー!のびたさんのエッチ!」というしずかちゃんの入浴シーンが有名ですが、大人になってよくよく考えると、しずかちゃんって確実にお風呂に入りすぎですよね。笑

極度のキレイ好きという設定なのかもしれませんが(そして所詮マンガなのでそこまでツッコむのもどうかと思うのですが)、

あんなに1日に何回もお風呂に入るのってどうなんだろう?」

と軽い気持ちで調べてみたら、意外にもお風呂に入り過ぎるとかえって肌がボロボロになるということが判明しました。

しずかちゃんみたいに女らしくなりたい!と思っても、くれぐれも彼女のようにたくさんお風呂に入りすぎないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

しずかちゃんは確実にお風呂に入り過ぎ

家にいる間はほとんどお風呂

「そもそもしずかちゃんって、一日に何回お風呂に入ってるんだろう?」

って、きっと誰でも一回は気になったことありますよね。

ずばり、しずかちゃんは一日に最低でも3回はお風呂に入っているそうです。

最高が何回なのか、平均が何回なのかは分かりませんでしたが、例え1回多い「4回」だとしても

  1. 朝、学校に行く前(7時頃?)
  2. 学校から帰ってきたら(15時頃?)
  3. 夕飯食べる前(18時頃?)
  4. 夜、寝る前(21時頃?)

こんな感じでお風呂に入っていることになります。ハッキリ言って、入りすぎですよね。笑

1回につき30分だとしても、1日で2時間はお風呂に費やしていることになります。

ここまで来たらもはや潔癖症ですね。

 

お風呂大好きしずかちゃんのお肌の状態は?

実は肌がボロボロな説

お風呂って、一般的には体にいいって言われていますよね。

モデルさんなんかも、半身浴で〇時間お風呂に入るって人もいますし、お風呂で読書しながらリラックス♪なんて人の話も結構耳にします。

でも、じゃあお風呂にたくさん入れば、その分だけ肌もきれいになれる?と聞かれれば、実は答えはNOなんです。

というのも、一日に何回もお風呂に入って毎回体を洗うと、その分肌の「保湿成分」まで洗い流されてしまい、結果、だんだんお肌が乾燥することによって「老化」を招いてしまうんです。

ちなみに私は化粧水を一切使用しない「肌断食」というものを2年間行っていたのですが、見事に小じわやしみができてしまったという経緯があります。

関連記事【肌断食やめました】2年実施して分かった効果&肌への影響

乾燥は本当にバカにできないですよ。しかも、お風呂という毎日の行為だと乾燥がひどくなるスピードも速くなってしまいますからね。

その他にも、こすり過ぎることで肌が炎症を起こして鎖骨や肋骨などが黒ずんで(色素沈着)しまうなど、肌がボロボロになってしまう可能性が実に高いんです。

そして体臭もひどい説

しかもですね、これはあまり言いたくないのですが、実は体って洗えば洗うほど、体臭がキツくなってしまうと言われてるんですよ。

どういうことかというと、お肌の上には常に「良い香りの元(表皮ブドウ球菌)」と「刺激臭の元(黄色ブドウ球菌)」という細菌がいるのですが、ゴシゴシ洗いすぎることによって、その割合が

刺激臭の元 > 良い香りの元

になってしまうんですね。

また、肌が乾燥することにより、その乾燥を防ごうとして刺激臭の元となる余分な皮脂まで分泌されてしまいます。

ちなみに、洗い過ぎで出る体臭は、不潔にしていて臭い人よりも臭いがキツイという説まであるんですよ!!

せっかくきれいになるためにお風呂入ってるのに、ゴシゴシ洗って臭くなっていたら元も子もないですよね。><

しかも、体臭はなかなか指摘しにくいので、本人が気づかずとも周りに迷惑をかけているとしたら・・・(いわゆるスメルハラスメント)個人的に、これほど切ないことはないと思います。

 

まとめ

お風呂の入り過ぎは肌にとって悪影響!

とは言え、これはあくまでも毎回ゴシゴシ洗っている場合であって、「シャワーだけ」「湯せんにつかるだけ」の回数が多いのであれば特に問題ありません。

逆に言うと、たとえ1日1回の入浴でも、あまりに強くゴシゴシ洗ってしまうと結局同じように老化への道まっしぐら!

そう考えると、決して他人事ではないんですよね。

ちなみに、タモリさんは

「湯船に10分つかれば、体の汚れの80%は落ちる」

と発言しているくらいなので、『お風呂=ゴシゴシきれいに汚れを落とす』というのは、今はもはや古い考えなのかもしれません。

みなさんも、お風呂に入る際は『擦らない入浴』を心がけるようにしましょう!

くれぐれも知らず知らずのうちにスメルハラスメントになっていませんように!!

スポンサーリンク





この情報をシェアする