【永久保存版】人気トマトジュース8種類の糖質・塩分・リコピンその他成分を徹底比較!

最近、美肌や熱中症対策のためにトマトジュースを飲む人が増えていますよね!

私は今まで大のトマトジュース嫌いだったのですが、「理想のトマト」に出会ってから毎朝欠かさず飲むようになりました。

関連記事毎朝トマトジュースを飲むだけでリコピン吸収率大幅UP!おすすめトマトジュースも紹介

私としては「理想のトマトはリコピン豊富だし、すごく甘くておいしいし最強!」とずっと思っていたのですが、最近は「あまいトマト」や「リコピンリッチ」などたくさんの種類のトマトジュースが出ているので、本当に最強かどうか分からなくなってしまいました。笑

「もしかしたら他にも良さそうなものがあるかも・・・?」というわけで、早速ですが理想のトマトを含む人気のトマトジュース10種類の成分を徹底比較してみましたよ!

同じように「どのトマトジュースを選んだらいいか分からない」という方は、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

人気トマトジュース8種類の成分比較

今回選んだトマトジュースは、下記の8つです。

ネットで人気のもの、かつ近くのスーパーでよく見かけるものを基準に選びました。

では、早速成分を比較してみましょう!

ちなみに、全ての成分を表にしたらかなり長く見づらくなってしまったので(汗)、まずはメインである 「糖質や塩分、リコピン、カロリー」をまとめてみました。

※スマホの方は、表をそのまま横にスクロールできます。

 エネルギー糖質ショ糖リコピン食塩相当量
理想のトマト77kcal14.2g0g30mg0~0.44g
熟トマト41kcal6.8g0~1.1g22mg0~0.1g
あまいトマト70kcal13.7g0g20~53mg
カゴメトマトジュース 食塩無添加40kcal7.8g15.9~27.8mg0~0.06g
カゴメトマトジュース40kcal7.8g15.7~27.7mg0.48g
デルモンテ 食塩無添加トマトジュース 42kcal8g22mg0.01~0.14g
デルモンテ トマトジュース39kcal7.5g22mg0.77g
デルモンテ リコピンリッチ67kcal12.2g34~58mg0.03~0.22g

(※200mlあたり栄養成分。HPに180mlの成分しか載っていないものは200mlに換算したものを記載)

なお、各項目ごとに、一番数字が大きいものを赤字にしています。

この表からは、以下のことが分かりますね。

・カロリーは39kcalから77kcalと幅がある

・理想のトマトは、カロリー糖質共にトップ!

・リコピンは、期待通り?「リコピンリッチ」がトップ!

・食塩は「デルモンテ トマトジュース」が断トツトップ!
(これは他の商品のほとんどが食塩無添加なので、ある意味当然の結果と言えますね。)

ショ糖って何?糖質とはどう違うの?

ショ糖とは、砂糖の主成分のことです。ですが、決して「ショ糖=砂糖」というわけではありません。

ちなみに表を見ると熟トマトのショ糖の欄に数字が入っているのですが、これは砂糖ではなくすべてトマトに由来するものなので安心してくださいね。^^

※熟トマトのパッケージ。画像粗くてすみません。m(__)m

※ショ糖の欄が「記載なし」のトマトジュースは、理想のトマトやあまいトマト同様「0g」と考えて良いと思います。

ちなみに、糖質はショ糖を含む「炭水化物」という大きなグループの仲間です。

糖質は炭水化物から食物繊維を抜いたもの。ショ糖はその中でも「糖類」に分類されます。

(引用:https://www.ajinomoto.co.jp/lcr/lineup/pal/sweet2.html)

一般的に、糖質は糖尿病や肥満にも大きく関係していて、取り過ぎると太る原因にもなると言われています。

数字の大きかった「理想のトマト」は、パッケージに『糖質はすべてトマト由来のもの』という記載がありますが(余計なものを加えているわけではない)、もし気になる方は糖質の低いトマトジュースを選んだ方が無難ですね。

※理想のトマトパッケージ

食塩無添加なのにどうして「食塩相当量」が0じゃないの?

食塩無添加とは「食塩不使用」のこと。つまり、食塩は一切使ってないです。

じゃあどうして食塩相当量の欄があるかというと、これまで 「ナトリウム」だった表記を「食塩相当量」という表記に替えるよう義務化されたからなんです。

(これまでは、「ナトリウム(mg)×2・54÷1000=食塩相当(g)」といちいち計算しないといけなかった)

なので、今後2020年にかけてすべての栄養成分の「ナトリウム」表記が「食塩相当量」表記に変わっていきます。

ですが、これだと食塩を添加してないのに食塩相当量に数字が記載されてしまうことがあるので、その場合は「ナトリウム」と「食塩相当量」の両方を記載してOKということになってるんです。

(引用:https://fytte.jp/healthcare/1201/)

食塩無添加のトマトジュースもまさにこのケース!よく見ると、両方記載されてますよね。

つまり、食塩無添加であれば、たとえ食塩相当量に数字があっても食塩は一切使われていないということなので安心してOKです。

リコピンは1日どれくらい摂るのが理想的なの?

リコピンは、1日で15mg以上摂るのが理想的と言われています。

ちなみに、今回挙げたトマトジュースは全てクリア!全部15mg以上のリコピンが含まれてます。

ちなみにリコピンは摂取の上限が定められてません。副作用も、あっても少しお腹くだす程度だということなので、リコピンリッチの58mgを摂取したとしても特に問題ないですよ!

スポンサーリンク

 

その他の主な栄養成分

そして次は、糖質や塩分などの他に含まれている栄養成分です。

※こちらも横スクロールできます

 たんぱく質炭水化物食物繊維ナトリウムカリウム
理想のトマト3.2g16.7g2.5g572~1295mg
熟トマト1.8g0.7~2.4g3.3~41mg491mg
あまいトマト2.8g2.0g24~50mg920mg
カゴメトマトジュース 食塩無添加1.7g9.2g1.4g1~23mg600mg
カゴメトマトジュース1.8g9.2g1.4g580mg
デルモンテ 食塩無添加トマトジュース 1.8g9.4g1~1.9g478mg
デルモンテ トマトジュース1.6g8.9g1.4g480mg
デルモンテ リコピンリッチ3.1g14.9g1.7~3.7g755mg
 カルシウムビタミンA(レチノール当量)ビタミンEビタミンKギャバ(γ-アミノ酪酸)
理想のトマト3.1mg1~19μg
熟トマト3.3~41mg4.4μg
あまいトマト21mg2.9mg5μg200mg
カゴメトマトジュース 食塩無添加14mg24mg
カゴメトマトジュース14mg24mg
デルモンテ 食塩無添加トマトジュース 18.8mg25~69μg
デルモンテ トマトジュース17mg32μg
デルモンテ リコピンリッチ26mg40~134μg

血圧高めが気になる人はカゴメの3商品がおすすめ

「あまいトマト」「カゴメトマトジュース」「カゴメトマトジュース食塩無添加」に含まれてる『ギャバ』は、高めの血圧を下げる働きがあります。

特に、「あまいトマト」には他の2種類に比べて断トツに入っているのでおすすめですよ♪

より美肌になりたい方は「理想のトマト」か「あまいトマト」がおすすめ

当ブログにも何度も登場した、通称若返りビタミンの「ビタミンE」ですが、理想のトマトとあまいトマトの2商品にのみ配合されています。

ちなみに、ビタミンEの目安摂取量は、18~49歳までの女性で「6mg」となっています。

過剰摂取はキケンですが、この2商品の摂取量ならまっっったく問題なし!

関連記事DHCのビタミンEサプリは過剰摂取になる?副作用、美容への効果は

「せっかく飲むならビタミンEも摂りたいなー」って人は、この2種類をおすすめします。^^

なお、シミが気になる方は市販のサプリメントの比較記事もありますので、併せて参考にしてください。

参考シミに効く市販の薬を比較し決定!最低2年飲むことにした。

そして、今回幅に収まり切らなかったので表に載せなかったのですが、この表の他にも

・あまいトマトのみに「リン(65mg)」と「葉酸(8~64μg)」が配合されている
・脂質は全てのトマトジュースが「0g」!

という特徴もあります。

トマトジュースと言っても、商品ごとに入っている栄養成分が大きく異なるので、よく比較して選んでみてくださいね。

スポンサーリンク

実際に「味」はどうなの?

私は今までに「理想のトマト」と「熟トマト」、「あまいトマト」、「リコピンリッチ」、そして「デルモンテ 食塩無添加トマトジュース」を飲んだことがあります。

これはあくまでも私の感想なのですが、

・「理想のトマト」はドロドロ系!味が濃厚。そのままトマトを飲んでいるみたい。

・「熟トマト」はサラサラ系!理想のトマトよりは薄味ですっきりしている

・「あまいトマト」はどちらかというとフルーティーな甘さ。でも後味がすっきりしてて飲みやすい!

・「リコピンリッチ」もドロドロ系。濃厚で甘く、理想のトマトに近い感じ?

・「デルモンテ 食塩無添加トマトジュース」はあまり甘みがない。濃い味が好きな人にはちょっと物足りないかな?

と思いました。

ちなみに大のトマトジュース嫌いの私としては、この中で「イケるな」と思ったのは『理想のトマト』『あまいトマト』『リコピンリッチ』です。

個人的には『理想のトマト』が断トツ好きな味です!とにかく甘い、濃厚なトマトジュースを飲みたい方はこちらがおすすめ!

ちなみに各トマトジュースの味については、ツイッターで検索すると色々出てくるので面白いですよ。

もちろん人によって好みは分かれますけど、こういった意見を参考にして色々飲み比べしてみるのも楽しそうですね。

 

まとめ

トマトジュース=「リコピン」というイメージがものすごく強いですが、リコピン以外にもたくさんの栄養成分が入っていて、しかも商品ごとにかなり違ってきます。

また、味も本当に多種多様!トマトジュース、本当にあなどれないです。

ちなみに私は毎回ネットで箱買いしているのですが、amazonプライムに入っているので欲しい商品をポチるだけで翌日来るし、定期おトク便で安く買えたりするのでかなり助かってます。

毎日トマトジュースを欠かさず、できるだけ安く飲みたい、というのなら、amazonプライムは入っておいてまず間違いないですよ!

関連記事子持ち主婦には断然amazon利用がおすすめ!楽天よりも優れている5つのポイント

トマトジュースは味もとっても重要ですが、どうせ飲むならしっかり成分も見て、納得したものを選ぶようにしてください。

その上で、「これだ!」と思うあなた好みのトマトジュースが見つかるといいですね♡

スポンサーリンク