ビタミンEの効果的な取り方!肌に塗るとしみは消えるのか

美容に気をつかっている人の中には「ビタミンE」のサプリを飲んでいる人も多いのではないでしょうか?

通称「若返りビタミン」と言われているビタミンE。

老化の原因となる「活性酸素」を減少させてくれたり、新陳代謝を高めてくれる働きがあります。

また、血行を良くする働きもあるので、お肌のハリツヤをキープすることもできるので、美肌になりたい人にはまさに最適な栄養素なのはたしかです。

そんなビタミンEですが、一部で「サプリメントを飲むのではなく、そのまま肌に塗るといい」といった声があります。

最近ではアメリカのビタミンEオイルなんかも売っていますよね。

また、中にはビタミンEのサプリメントの中を割ってそのまま肌に塗るという方法をしている人もいるんだとか。

それを聞いて、私も実際にやってみました。なおかつ、今回改めてビタミンEについて色々と調べてみました。

その結果分かったことは、ビタミンEを肌に塗る時は注意した方が良いよ!ということです。

 

スポンサーリンク

まずは、自分で試してみました

ビタミンEサプリを割って塗ってみた!

今回使った商品はこちら。

せっかくなので、天然のビタミンEにしました。(ビタミンEには天然と合成がありますが、一般的に天然の方が効能が優れています。)

そして今回は、このビタミンEのカプセルに針でプチっと穴を開け、中から出てきた黄色い液体をそのまま肌に塗ってみました!(針はきちんと消毒してから使いました)

中身は、結構ドロドロです。いかにも「ビタミンEたっぷりで効きそう~!」といった感じです。

これを1日2回、カプセルの中身を1日で使い切る感じで使用していったのですが・・・

何と、開始して2日目にて問題発生(´Д`)

塗っていた「しみ周り」の部分だけ、見事に赤くなってしまいました・・・。

IMG_1255-compressor

しかも、触るとちょっとザラザラして痛いです。

やっぱり、サプリを肌に塗る目的で使うのは間違ってましたね。。。

スポンサーリンク

 

ビタミンEオイルを使う時も注意が必要

ビタミンE(トコフェロール)成分配合の化粧クリームなどはよくありますが、ビタミンEオイル単体というのは今のところ海外直送品がほとんどではないかと思います。

実際楽天やihearbなどで見てみると、たしかにたくさん売られています。

ですが、ここで気を付けたいのは「濃度」です。

写真を見ても分かるとおり、商品によって「32000IU」とか「23000IU」など単位がバラバラですよね。

この「IU」は国際単位のことで、天然のビタミンEで1IU=0.67mg,合成は1IU=1mgといった計算になります。

その数値が大きければ大きいほど高濃度で、その分肌への効果が高いとも言えるんですが、それに比例して「肌への刺激が強い」ということでもあるんですよね。

ちなみに、ihearbの一番人気のビタミンEオイルは『70000IU』です。

かなり高濃度なので肌への変化が顕著に現れる分、中には

「使うと顔が赤くなって顔の皮がめくれたので使用を止めると症状もなくなりました。」

「何度か使用しているうちに顔がただれたり発疹ができたりふくれあがったりするようになり、このせいだとは思わずに使用していたら悪化しました。」

と、使うことで逆に肌が荒れてしまった人も少なくないんです。

元々、海外のものって日本のものに比べて刺激が強いものが多いですからね。

肌が弱い人、敏感肌の人などはもちろん、普通肌の人も「少量から少しずつ様子を見て」を徹底して使った方が良さそうです。

ちなみに私は国産のビタミンEサプリ(1カプセルあたりビタミンE70mg)だけであんなに赤くなってしまったので、怖くて外国産のものには手が出せません・・・。

スポンサーリンク

ビタミンEを効果的に取るための注意点

肌に塗るなら国産のものを選ぼう!

私は、海外のものが全て悪いとは思いません。

現に私自身iherb大好きですし、肌につけるものをiherbで購入したこともあります。

関連記事iherbで人気の商品は本当に『良い商品』なのか?片っ端から試してみた

ですが、一般的に並行輸入品の商品は、検品基準や品質の基準が日本と異なったり、保管状況が分からない、最悪の場合本物かどうかも分からない、なんてことも十分にありえます。

これがおもちゃなどだったらまだ良いのですが、肌につけて万が一取り返しがつかなくなったりしたら大変ですよね。

実際、ビタミンEオイルのほとんどは並行輸入品です。国内ではほとんど売られていません。

なので、どうしても「肌に塗りたい」というのであれば、ビタミンE配合の化粧水や化粧クリーム等を使用するようにしましょう。

ビタミンEを取るなら「ビタミンC」と「ビタミンA」も!

ビタミンEは、それ単体でアンチエイジング効果がバツグンなのですが、実は「ビタミンC」「ビタミンA」とセットで摂ることでより効果的だと言われているんです。

というのも、体内の活性酸素(肌のサビの原因)があまりにも多いと、ビタミンEは抗酸化力を失ってしまい(働き過ぎて疲れててしまい)追いつかなくなってしまいます。

しかし、ビタミンCがあることによってビタミンEと協力して酸化を抑えてくれ、またビタミンEを元の元気な状態に戻してくれるんです。

そしてビタミンAは、一緒に摂ることでビタミンEとビタミンCの効果を長持ちさせてくれるという働きがあるんですよ!

というわけで、美肌やしみへの効果を最大限に発揮させたいなら断然「ビタミンACE(エース)」をとるようにしましょう。

 

まとめ

ビタミンEを肌に塗る方法・・・中にはすごく効果がある人もいるとは思うのですが、残念ながら私は合いませんでした。

しみが消えるどころか、悪化してしまいました。

しかもたった2日でこうなるなんて、とてもじゃないけどおすすめはできないですね。

そう考えると、一番おすすめなのはやはりサプリメントとして飲む方法なのかなと思います。

ただ、サプリメントの場合、摂取上限、また過剰摂取による副作用などもありますので、そこだけ注意ですよ!

DHCのビタミンEサプリは過剰摂取になる?副作用、美容への効果は」の記事もぜひ参考にし、効率よくビタミンEを摂取するようにしてください。

スポンサーリンク





この情報をシェアする