美容皮膚科で大絶賛の「エンビロン」で肌荒れ!A反応が出た時の4つの解決法

突然ですが、みなさん「エンビロン」という化粧品を知ってますか?

エンビロンはドクターズコスメのひとつで、美容皮膚科やサロンなどでの流通No1とも言われている化粧品なのですが(私も美容皮膚科でおすすめされました)、ひと言で言うと「 攻めの化粧品」。

肌への効果がかなり高い分、はじめに肌荒れを起こしてしまう人も多い化粧品なんです。

なんて言うと、使うのに結構勇気が要ってしまいますよね。

おまけにエンビロンはお値段も結構するので、「気になるけど勇気が出ないな」と敬遠してしまう人も多くいると思います。

しかし、実際に使っている人の多くは、「肌荒れを乗り越えたら見違えるように肌がキレイになった」という絶賛の声多数なんですよ!

そこで、今回はエンビロン化粧品について、肌荒れの対処法も含めてお話ししたいと思います。

▼エンビロン公式サイト▼

エンビロンは「ビタミンA」配合化粧品

ビタミンA配合と聞いて、ピンと来た方も多いのではないでしょうか?

そうです!あの、皮膚科でしか処方されない「レチノイン酸」や、市販で売っている「レチノール化粧品」も同じビタミンA!

同じ「ビタミンA誘導体」の仲間なんです。

関連記事レチノイン酸は市販で買える?レチノール化粧品&クリームとの違いとは

ビタミンAって美容にそんなにいいの?

最近、アンチエイジングには 「ビタミンAがとても重要!」が常識になってきています。

しみにもビタミンA,しわにもビタミンA!!です。

というのもビタミンAは、肌のハリや弾力を保つ役割を担っているもの。

元々私たちの体にあるものなのですが、毎日毎日紫外線によって壊されて無くなっていってるんです。

ビタミンAが減っていくと、どんどん肌のハリツヤが無くなって乾燥肌になったり、シミやしわ、たるみなどの肌トラブルの元になったりします。

まさに、ビタミンAのピークは赤ちゃん時!赤ちゃんの肌がつるつるすべすべなのは、ビタミンAをたっぷり持っているからなんですよ!

そう考えると、いかにビタミンAが重要かが分かりますよね。

ちなみに、肌の老化の原因は「年を取ったから」と思われがちですが、実際のところ加齢による原因は2割、残りの8割は「紫外線によるもの」と言われてるんです。

それくらい、 紫外線でビタミンAが失われることによる肌へのダメージはとてつもなく大きいということです。

いつまでも若くて健康的な肌でいたい人こそ、積極的にビタミンAを肌に補給することが何よりも大切なんですよ!

 

エンビロンに含まれるビタミンA

エンビロンには大きく分けて

・モイスチャーシリーズ

・C-クエンスシリーズ

の2つがあります。

両方とも「洗顔→トーナー → ジェル → クリーム」という順番で使っていくのですが、モイスチャーシリーズの場合はジェルとクリーム、C-クエンスシリーズの場合はジェルにビタミンAが配合されています。

トーナーは、その後に塗るジェルとクリームの浸透力を高めるものなのですが、これを使うと使わないとでは全然違ってきます! 

かつ、それぞれビタミンAの濃度によってレベルが分かれていて、弱いものからステップアップしていくといった感じですね。

モイスチャーシリーズのジェル&クリーム

C-クエンスシリーズのジェル

そして肝心のビタミンAですが、全てのジェル&クリームに「パルミチン酸レチノール」というビタミンA誘導体が配合されています。

これは「レチノイン酸は市販で買える?レチノール化粧品&クリームとの違いとは」でも書いた通り、 ビタミンA誘導体の中でも成分の安定性が高く、肌への刺激が少ない成分です。

実際に多くのレチノール化粧品で使われてるのがこの「パルミチン酸レチノール」なんですよ!

副作用が全くないわけではないんですが、はじめて使う人、敏感肌の人にはおすすめの成分です。

ちなみに、モイスチャーシリーズの「クリーム」とC-クエンスシリーズの「ジェル」には「プロピオン酸レチノール」も配合されていて、こちらも高安定で、肌への刺激が少ないビタミンA誘導体です。

ビタミンA誘導体はたくさんの種類がありますが、できるだけ肌への刺激を抑えたものを使っている点はエンビロンのこだわりとも言えますね。

どっちのシリーズを使ったらいいの?

2つのシリーズがあると「私にはどっちが向いてるの?」と分からなくなりますよね。

ひと言で言うと、C-クエンスシリーズはモイスチャーシリーズの「上級版」です。

成分も、ハリや弾力を高める【プチペド】が配合されているなどかなり質にこだわっているので「とにかく早く結果を出したい!」という人にはC-クエンスがおすすめです。

ただ、C-クエンスはモイスチャーシリーズに比べてかなり高い!!^^;(ジェルだけで15,000~20,000円、クリームで12,000円など)

それに比べてモイスチャーシリーズはジェルが4,000円から買えるので、値段を抑えたい人は断然モイスチャーシリーズがおすすめですね。

モイスチャーシリーズは、どちらかというとベーシックタイプにはなるのですが、それでも高浸透のビタミンCやビタミンEなどが配合されていて効果はお墨付きです。

また、C-クエンスシリーズは効果が高い分、モイスチャーシリーズよりもやや肌への刺激が強くなります。

刺激のことを考えても、やはりはじめはモイスチャーシリーズからじっくり時間をかけてC-クエンスシリーズにステップアップする方法がベストですね。

ちなみに、モイスチャーシリーズはネット限定でトライアルセットを買うことができるので、始めての方はこちらから試してみることをおすすめします。

 

エンビロンによるA(レチノイド)反応

エンビロンは、「肌がキレイになった!」と感じる前に、ビタミンAによる肌荒れなどのレチノイド反応(A反応)が出る人が多いです。

代表的なのが

顔が赤くなる

皮が剥ける

肌がピリピリする

といったことですね。

ただ、これは一概に「副作用」ということではなく、肌が慣れれば自然に収まると言われています。(皮膚科でレチノイン酸を処方された時もそう言われました)

効果が高い分、最初につけた時に肌がびっくりしてしまうんですね。

ちなみに、特に肌が弱い人、敏感肌の人、そして肌のビタミンAが不足している人がこのA反応が起きやすいそうです。

「A反応が出る=ビタミンAが足りてない!」といった感じでしょうか?

でも、だからと言ってその状態でずっと我慢し続けるのってかなり精神的にキツイですよね。また、「そのうちキレイになるよ!」なんて言われたら止め時も分からなくなると思います。

そんな時は、ぜひ次の方法を試してみてください。

 

A反応が出たらどうしたら良い?

ひとつ前のステップに戻す!

「肌のビタミンAが足りてないからだ!」と言っても、明らかにいきなり高濃度のビタミンAを浸透させると肌への刺激が強くなってしまいます。

エビロンは1~4のステップアップ式で、低濃度の1から始めるのが普通ですが、ステップアップしたことでまたA反応が起きてしまったなら一旦元のステップに戻して肌の状態を落ち着かせましょう!

もし最初の1でも反応が強く出てしまうようなら、デリケートシリーズから試してみると良いですよ。

デリケートシリーズはビタミンAの前駆体(プロビタミン)なので、ビタミンAに比べて効果も肌への刺激もマイルドです。

また、完全に戻すのではなく、前のステップのものと「混ぜて使う」といった方法もおすすめです。

量を調整する!

使用量の目安は、それぞれ「パール2粒大」となっているのですが、たとえばジェルはパール2粒のまま、クリームを1粒にするなど量を調整することで反応が収まることがあります。(これは、公式のエンビロンも推奨している方法です)

休む→使うを繰り返す!

 

肌荒れが酷い場合は『一旦休む』という方法もあります。

そして、肌の状態が落ち着いたらまた使う。

またA反応を起こしてしまった場合はまた休む。

と、「使う⇒休む」を繰り返す方法ですが、そうすることによって徐々に肌が慣れていき、次第にA反応を起こさなくなります。

長引く場合は皮膚科へ相談!

「これはA反応なんだ」「もうちょっと頑張ろう!」と思っていても、実はA反応ではない場合もあります。

例えば、ビタミンAではなく違う成分で肌がかぶれてしまっている可能性もありますよね。

中にはエンビロン自体が肌に合わない人だっていますし、もちろん他の原因で肌荒れになっている場合も考えられます。

「エンビロンを使って何ヶ月も経つのに全然治る気配がない!」とか、「一旦中止してしたのになかなか肌が改善されない!」といった場合は、できるだけ早く皮膚科に相談しに行きましょう!

くれぐれも、「これはA反応だから大丈夫!」と思いこまないようにしてくださいね。

 

不安なら皮膚科処方が一番安心

「A反応って何か怖いな」

「試してみたいけど、私の肌大丈夫かな・・・」

エンビロンはA反応の声がたくさんあるので、どうしても不安になってしまいますよね。

そんな時は、エンビロンを扱っている美容皮膚科に行って、直接処方してもらう方法のがやはり一番です。

肌の状態を見て皮膚科医が判断してくれますし、次のステップに行く際も皮膚科医のGOサインが出ますから安心ですしね。

また、皮膚科だと何かあっても担当医にすぐに相談できるという安心感もありますよね。

とは言え、一般的に皮膚科はどこも激混みですし、すべての美容皮膚科でエンビロンを取り扱っているわけではないので、そこだけ注意してください。

なので、もしあなたが

「まずは1から試して肌の様子を見てみよう!」
「肌の調子が良さそうなら、徐々にステップアップしていこう!」
「万が一肌荒れが酷くなったらすぐに前のステップに戻そう!」

などと 目的がハッキリしているのであれば、ネットで素早く買ってしまった方が効率が良いと思います。

また、「自分にエンビロンがあっているか不安だ」という人は、まずは少量のトライアルセット(2週間分)から試すのをおすすめしているのですが、これはネットでしか取り扱っていません。(皮膚科だとどうしても通常の大きさからになってしまう)

初めてで、かつできるだけ安く試してみたい!という方は、ネットでトライアルセットを購入し、じっくり試してみる方法がおすすめですよ。

まとめ

エンビロンはA反応が出る人も多いですが、適切な処置を行ってゆっくり進めていくことによって、徐々に肌が慣れてくれることが多いです。

A反応を乗り越えた後の肌の状態はまさに感動モノですよ!

エンビロンが気になる人は、まずはトライアルセットから気軽に試してみてくださいね。

▼エンビロン公式サイト▼

スポンサーリンク