冷凍ブロッコリーで失敗せずにダイエットする方法!ニチレイ、セブンのエクアドル産は大丈夫?

「ヘルシーな野菜でダイエットに挑戦したい!」と思うなら、数ある野菜の中でも「ブロッコリー」がおすすめです。

現に、あのライザップでも、ブロッコリーは「鉄板食材」としておすすめされています!

関連記事峯岸みなみがライザップ中に食べ続けた「ブロッコリー」のダイエット効果

特に、冷凍ブロッコリーを使えば

  • 手軽に買える
  • 余って腐らせる心配がない
  • 価格が安定している

といったメリットがあってとても便利ですよね。

でも、冷凍ブロッコリーってちょっと扱いづらかったり、栄養価の面で不安に思う人も多いと思います。

実際に「解凍したら水っぽくなった」「生のブロッコリーに比べて美味しくない」といった声もよく聞きますし、中には「冷凍ブロッコリーでダイエットを試みたけどうまくいかなくて断念した」という声も…。

そこで、今回は冷凍ブロッコリーをうまく使って失敗せずにダイエットする方法をご紹介したいと思います。

また、私個人も買っている「ニチレイ」の冷凍ブロッコリーについて、その安全性や栄養素なんかも合わせて調べてみました!

スポンサーリンク

 

冷凍ブロッコリーと生の冷凍ブロッコリーはどっちが栄養価が高い?

「冷凍のブロッコリーってやっぱり生よりも栄養落ちるんじゃ?」
「いやいや、冷凍することによって栄養価上がるって聞いたことあるし・・・」

冷凍ブロッコリーについては、色々な説がありますよね。

実は、一般的には冷凍ブロッコリーよりも生のブロッコリーの方が栄養価は高いです。

でも、それはあくまでも生のブロッコリーが「新鮮な状態」の場合。

ブロッコリーを買ってそのまま冷蔵庫に放置していると、どんどん栄養価は落ちていって、ビタミンCに限っては1週間でその栄養価が50%に半減すると言われているんですよ!

ビタミンCは、脂肪燃焼の時に必要となる「カルニチン」という栄養素の生成を助けてくれる、ダイエットにとってとても大事な成分です。

「じゃあ、買っていたブロッコリーをすぐに冷凍すればいいんじゃない?」

って思いますよね。

ですが、自宅で冷凍保存したブロッコリーは、スーパーなどで売っている冷凍ブロッコリーに比べて栄養価がかなり低くなってしまうんです。

自宅冷凍よりも市販の「冷凍ブロッコリー」をおすすめする理由

栄養を逃さない冷凍保存技術を持っているから

さきほど、ブロッコリーに含まれるビタミンCは1週間で半減すると言いましたが、短時間で加熱すると9割以上が残るとも言われています。

そして、市販で売っている冷凍ブロッコリーは、90~100℃の熱湯で短時間加熱処理を行って、7~8割熱が通った状態で瞬間凍結しています。

旬の時期に採れた野菜を使っているから

ブロッコリーは年中スーパーなどで手に入りますが、時期によっては旬の時期に比べてどうしても栄養価が落ちてしまいます。

ですが、冷凍ブロッコリーは旬の時期に採れた野菜を瞬間凍結しているので、いつでも栄養価が高いブロッコリーを食べられるのです。

ちなみに、野菜は旬の時期とどうではない時期では栄養価が40~60%も違ってくるんですよ!(ブロッコリーの旬は11~3月頃です)

以上の点から、冷凍ブロッコリーを使ってダイエットをするなら断然「市販の冷凍ブロッコリー」がおすすめですよ!

ニチレイ、セブンの冷凍ブロッコリーの安全性

エクアドル産って安全なの?

ただ、市販で売っている冷凍ブロッコリーと言ってもかなりの種類がありますよね。

噂によるとライザップではセブンイレブンで売っている冷凍ブロッコリーをおすすめしているそうです。(手軽に買えるため)

そして私は普段からニチレイの「高原育ちのブロッコリー」を買っているのですが、どちらも産地が「エクアドル産」なんですよね…。

中国産じゃないから大丈夫かな?とも思うのですが、国産でない以上、どうしても不安がつきまとってしまいます。

というわけで、実際にニチレイとセブンに聞いてみたところ、こんな回答がありました。

【ニチレイ回答】

弊社では、海外で生産する商品につきましても、日本の厳しい基準に当てはめ、責任を持って安全面を確認しております。

なお、国の検査といたしましては、厚生労働省の輸入検査によりチェックされ、国内基準に合致したものだけが輸入許可されています。

また、弊社では、輸入前凍結後に先行調査を行い、さらに抜き取りにて検査を行い、安全確認を行なっております。

 

【セブン回答】

当該商品はご指摘の通りエクアドル産でございますが、農薬使用に関しては、日本の基準を順守しております。

現地で洗浄・急速冷凍し、さらに国内に入るときに検査を行い商品化しておりますので、安心してお召し上がりいただける商品となっております。

つまり、エクアドル産でも安全性はバッチリだよ!ということです。

ここまで徹底した検査をしているなら、エクアドル産でも安心して食べることができますね。

その他も最近はエクアドル産が多いですが、おそらく安心して大丈夫なのではないかと思います。

スポンサーリンク

 

冷凍ブロッコリーでダイエットする時の3つの注意点

解凍する時は「短時間+余熱」で食感をキープする!

冷凍ブロッコリーの難点は、何といっても「解凍するとべちゃべちゃする」ということ。

食感が美味しくないし水っぽいし・・・「まずい!」なんて思いながら我慢して食べていても、結局続かないですよね。

冷凍ブロッコリーは、すでに7~8割加熱されています。

なので、解凍するときは

サッと熱湯をかけるか、熱湯の中に数秒くぐらせるだけでOK!

あとはしばらく置いておくと、余熱の力で熱を通してくれます。

そうすることによって冷凍ブロッコリーでも食感が失われずに済みますし、栄養も逃げずに残っているのでおすすめですよ!

食感はやや固い状態の方が、食べていて満腹感を得られることができます。ダイエットするなら「やや固め」を目指しましょう!

栄養を考えるなら、蒸すか電子レンジで!

ただ、ここで問題がひとつ。

ブロッコリーを熱湯にさらすと、水溶性のビタミンCが水に溶けだしてしまうんですよね…。

たった数秒なのでそこまで変化はないですが、せっかくならたっぷり栄養を摂りたいもの。

なので、冷凍ブロッコリーの栄養素をそのまま採るためにも、解凍の際は蒸すか電子レンジを使った方がベターです。

ちなみに冷凍食品の裏に書いてある目安時間でそのまま解凍すると水っぽくなる場合が多いので、こちらも「短い時間+余熱で解凍」を心がけるようにしましょう!

時間に余裕があれば自然解凍もおすすめ

私は普段から電子レンジを使うことが多いので試したことはなかったのですが、今回ちょうどよい機会なのでニチレイに書かれている「自然解凍」をしてみました。

1時間半後、冷凍ブロッコリーはこのようになりました。

生のブロッコリーを茹でたものに比べるとさすがに食感は劣りますが、それでもべちょべちょせずに程よい食感で食べることができました。

まぁ、電子レンジ+余熱の方が圧倒的に早いのですが、量に関係なく失敗せずに解凍することができるので、時間に余裕があったら自然解凍もおすすめですよ!

開けた冷凍ブロッコリーはジップロックで保存!

冷凍食品の中にはジッパー付でないものも多くあるので、残ったものはそのまま輪ゴムで袋ごと冷凍庫に入れてしまう人もきっと多いですよね。

ですが、ブロッコリーに限らずですが、冷凍食品は一度空気に触れてしまうとどんどん劣化が進んでしまいます。

ちなみに市販の冷凍ブロッコリーの賞味期限は結構長くて、私が購入したニチレイのブロッコリーも賞味期限が1年以上先になっているのですが、それはあくまでも「未開封の状態」。

一度開封したものは、賞味期限に関係なくできるだけ早めに食べる、が鉄板です。

また、冷凍ブロッコリーは-18℃以下での冷凍保存が義務づけられていますが、夏の暑い日などには冷凍庫の中の温度が上がってしまうことも考えられるので、くれぐれも「冷凍庫に入ってるから大丈夫!」と安心してそのまま放置しないようにしてくださいね。

 

冷凍ブロッコリーを使ったおすすめダイエットレシピ

以前峯岸みなみのライザップ記事でも書きましたが、基本は「薄味」です。

前回の記事では

・とろけるチーズを乗せてレンジでチン

・何もつけずにそのまま食べる

・茹でた鶏ささみと和えて、オリーブオイル+塩で食べる

といった食べ方を紹介したのですが(実際にライザップに挑戦している人の食べ方)、正直そこまで味気ないと続かないですよね。汗

というわけで、その他に冷凍ブロッコリーを使ったおすすめダイエットレシピをいくつか紹介したいと思います。

☆ブロッコリーとササミのダイエットサラダ☆

ササミは茹で、冷凍ブロッコリーは解凍しておく。

オリーブオイル、砂糖、粒マスタード、レモン汁を混ぜたタレにササミを入れ、全体的に混ぜる。

最後にブロッコリーを加えて軽く混ぜ、冷蔵庫で馴染ませて完成!

参考URL:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1290018840/

マンネリしがちなサラダですが、粒マスタードたレモン汁で味付けすることによっていつもと違うサラダをもりもり楽しむことができます。

ササミは低カロリーで高たんぱくなので、こちらもダイエットの強い味方!ブロッコリーとの相性もバッチリです。

 

☆ポン酢タレの肉巻きブロッコリー☆

塩コショウした豚肉に冷凍ブロッコリーを巻いてレンジでチン!

白いりごま、ポン酢、ごま油を混ぜたタレをその上にかければ出来上がりです。

参考URL:https://delishkitchen.tv/recipes/214723906051769456

ちなみに、このレシピでも使っている「豚ロースしゃぶしゃぶ肉」は豚肉の中でもカルニチン(脂肪燃焼の時に必要な成分)が多く含まれています。

豚肉を使ってダイエットをするなら、豚ロースしゃぶしゃぶ肉がおすすめ!

 

☆ブロッコリーと舞茸炒め☆

ブロッコリーと舞茸を蒸し、フライパンに移す。

減塩醤油、塩、オイスターソース、マヨネーズ、水を加え、サッと炒める。

そのまま蓋をして蒸して完成!

参考URL:https://cookpad.com/recipe/2396392

マイタケは「マイタケダイエット」というものがあるほど人気の食材で、食物繊維が豊富なだけでなく、まいたけにしか含まれていない「MXフラクション」という成分が、体内の中性脂肪やコレステロールを下げる働きをしてくれます。

マヨネーズも小1と少ないですが、気になる方は省いてしまってもOKです!

 

なお、この他にも私の母が毎日食べ続けて減量に成功したデトックススープもおすすめです。

おすすめデトックススープは夜だけ実践でも痩せられる!「マイペース」が成功の鍵

入れる野菜は何でも良いので、大量に冷凍ブロッコリーを投入して一気に作ってしまえば、何日にもかけて食べることができますよ!

 

まとめ

手軽さや価格、栄養価の面で言っても、冷凍ブロッコリーはまさにダイエットに最適です!

ぜひ上記の記事を参考にし、冷凍ブロッコリーを上手に活用しながら健康的にダイエットをするようにしてくださいね。

スポンサーリンク