寝ても疲れが取れない原因をスッキリ改善 布団ではなく枕で解決!

最近、毎日ものすごく眠いです。。。

ちょっと前までは結構夜遅くまで起きてて、朝早くに娘に起こされる、いわゆる典型的な寝不足パターンだったんですけど、最近は結構早めに寝るようにしても朝、すっきり起きれないんです><

なるべく最低6時間は寝るようにしてるんですけど、寝ても疲れが取れない!

しかも日中は何をしててもだるい!

娘が遊び盛りなんで、ほんとは120%の体力で一緒に遊んであげたいんだけど、最近どうもぐったりモードなんですよね~。

【スポンサーリンク】

寝ても疲れが取れないのは、睡眠の質が良くないから!

実は、過去に睡眠の質を上げるための方法について記事を書いてます。

この時は睡眠時間が短かったんで、その中でも質の良い睡眠を!ってことで書いた記事なんですけど、睡眠不足じゃなくても疲れが取れない人にはズバリ当てはまる記事だと思います。

短時間睡眠でも美肌になれる!質の良い睡眠をとる為の簡単5つの方法

ただ、よくよく調べてみると、どうやらそれ以前に「自分に合った布団を使ってるかどうか」が結構重要なポイントなんだそうですよ~。

 

「あなたは自分に合った布団、使ってますか?」

特に重要なのが敷布団とかマットレスだそうです。

ちなみに私がこの質問をされたら、多分「う~ん・・・」って返事に困っちゃうと思いますね(笑)。

買った時は値段と寝ころがった時の気持ちよさで決めたんですけど、それが「合ってるか合ってないか」って、正直分からないんですもん。(気持ちいいってことは合ってるのかな?)

けど、ちゃんと自分に合った敷布団って、ちゃんとした判断基準があるそうです。

  • 横になった状態で首と腰が布団から浮いていない
  • 布団は「やや固め」ものがよい(腰が浮いてたら固すぎ、お尻が沈むようなら柔らかすぎだそうです)
  • 横になったとき、腰部のS字カーブのすき間が2~3cmある

正直、敷布団とかマットレスを買う時にここまで気にして買ってませんよね。。。笑

でも、逆を言うと買う段階でここまでちゃんと気にしていれば、「これだ」って思った敷布団はかなり寝心地がいいはずです。
きっと、今まで「普通に寝れる」って思ってた以上に深く眠れるのかなぁなんて思いますね。

【スポンサーリンク】

でも、今さらマットレスなんて買い替えられない!

・・・まさに私のことです(笑)。

うちは今使ってるのはダブルベッドで大きいし、安かったとはいえ結構したし、てことは買うとしたらまた結構するってことだし、正直言って今からマットレスを買い替えるのは至難の業!

だから、今さら新しいマットレス何て買う余裕がないんですよね~。

でも、マットレスは買えないんですけど、実はマットレスと同じくらい重要なものがあるんです。

それは、「枕」。

枕ひとつ替えるだけでも、一気に安眠への道へと導いてくれるらしいですよ~☆(たしかに、旅行先にMy枕持ってく人もいるくらいだもんね。)

 

ちなみに、自分に合った枕はどういうものかというと、

  • 横になった時に枕をしてる感覚がないほどぴったりハマってる
  • 持ち上げたときにある程度重さがあるもの
  • 頭の沈みが全体の20%くらいになるもの
  • 横になった時の首の角度が15度になっている

なんて言われてるんですが、なんと!枕を買わなくても、家にあるタオルで調整して、自分好みの枕を作れるらしいんです!

 自宅で手軽にできるってのがミソですよね☆

しかも、お店だとベッドの上にポンッって置いてある枕じゃない限り、なかなか角度とか寝た感じとか試せないですもんね。

個人的にはこういう「手作り系(安上がり系?)」は大好きです!

 

まとめ

寝ても疲れが取れないってときは、以前書いた質の良い睡眠をとる方法の他に、枕の改善もしてみると鬼に金棒だなって思いました。(もちろん、マットレスや敷布団が替えられるなら、それに越したことないですけどね☆)

日中娘と思いっきり遊ぶためにも、ぜひ久しぶりに「すっきりお目覚め」体験したいです!

スポンサーリンク





この情報をシェアする