唇のふちが紫色に。。。!原因そして薄くなる改善方法を調べてみた。

「最近何だか顔全体が暗く見えるな~。もう、年取ったからくすんできたのかなぁ?」

ここんとこずーっと鏡を見るたびにそう思い続けてたんですけど、今日その理由が判明しました。

唇の外側が縁取りされてるみたいに、ものすごく濃い色(紫)になってた。。。

正直、鏡を見ても肌の調子しか見ていなかったので、唇がこんなことになってるとは思いもよりませんでしたよ><

【スポンサーリンク】

唇の色はどうして変色する?

私が最初に思い浮かべた原因は、ズバリ「年取ったからかなぁ」でした。

何でも年のせいにするのはイケナイけど、正直他に何にも思い当たらなかったんですよね。

でも、実際に調べてみたら、普段何気なく行ってる行動に思い当たる節がたくさんありました。。。

 

まず、唇の色が変色する大きな原因に「色素沈着」があるらしいんですけど、その発端って意外と細かいところにあるんです。

例えば、お出かけの時にUVのリップクリームを塗ってなかったり。

クレンジングやリップのつけ過ぎなどで必要以上に唇をこすっていたり。

私の場合、クレンジングでごしごしはあまりしないですけど、普段の生活でよくウェットティッシュで口拭いちゃってます。

これ、絶対にリップよりも刺激強いですよね(・_・;)

しかも娘にも容赦なくしてたんで、このまま続けてたら将来娘も紫唇になっちゃうかも!?っていう余計な心配事も増えちゃいました~(笑)!

 

唇ってつい肌に比べてケアを怠りがちなんですけど、でも実は唇って肌よりも全然角質層が薄くて、ダメージをモロに受ける箇所なんだそうです。(つまり、ケアをちゃんとしないとすぐに唇に表れる!)

ちょっとの刺激なら大丈夫でしょ!って思っても、それが原因で血行不良を起こしてしまったり(皮膚が薄いので血液の色がそのまま反映されてしまう!)、シミができて黒ずんだりすることって結構あるみたいですよ!

唇が血色悪いだけで人相変わったりしますもんね~。
肌もすんごく大事だけど、実は結構みんなが軽視しちゃってる「唇」の方をケアした方が、差が歴然と現れるのかもしれないですね。。。

他にも、ストレスだったり睡眠不足冷えなんかですぐ血行不良になっちゃうそうなので、まさに生活習慣あなどれない!

加齢のせいだけにしてちゃダメってことですよ、ほんと。

 

唇のターンオーバーは肌よりも断然早い!

唇は角膜層が薄い!ってさっき言いましたけど、でもいいこともあります。

それは、肌に比べてターンオーバーの期間がものすごく「短い」ということ!

肌のターンオーバーは一般的に28日って言われてますけど、実は唇のターンオーバーは3~4日らしいですよ~!!

かなり短いですね。
てことは、きちんとケアすれば結果が現れるのも早いってことですよね。

もちろん、肌と同様環境とか年齢によってその日数も乱れたりするので、日頃からちゃんとケアしないといけないのは大前提だそうです!

【スポンサーリンク】

紫の唇を改善→綺麗なピンク色に近づく方法!

多分いちばんメジャーなのが、リップやワセリンを塗ってラップで保湿する方法だと思います。

original-compressor (画像引用:mery.jp)

これだとただ乾燥を防ぐってイメージありますけど、唇が乾燥してるとリップを塗る回数が格段に増えて、その分唇への摩擦も多くなっちゃうので良くないんです。

乾燥を放置よりはリップで保湿した方が全然いいですけど、でも唇への刺激が多いのはNG!

そういう意味でも、やっぱり普段からぷるぷる保湿された唇をキープするのは大事ってことなんですね~。

 

そしてもうひとつ、紫唇を改善する方法として最適なのが【唇のマッサージ】です。

私もいま実践してるのですが、かなり簡単!

お風呂上がりに、唇を軽~く指でトントンと叩いてあげるだけです。

たまに軽くつまんでみたり、くるくるマッサージしてみたりもしてますが、ほとんどトントンやって終了です。

これはふと思い出した時にできますし、娘を寝かしつけてる布団の中でも密かにできるので嬉しいですね(笑)。

これも血行不良の改善にすごく効果があるらしいので、まさに継続は力なり!毎日せっせとマッサージしてますよ~☆

 

まとめ

口紅とか色付きリップで隠すのもいいけど、やっぱり素の唇をきれいなピンク色に戻したい(*^_^*)!

今のこの紫おばけから早く卒業できればいいなぁ!

 

※ミランダカーも実践!リップの意外な使い道☆

スポンサーリンク





この情報をシェアする