老化で顔が伸びる(長くなる)のはなぜ?今から対策して未然に防ぐ!

私は昔から結構芸能人のゴシップ記事をよく読むんですけど、最近特に気になるようになったのが「芸能人の劣化」記事。

昔は完全に他人事だと思っていたので楽しんで読んでいたのですが、今や他人事じゃなくなってきました。。

しかも、最近の傾向を見ていると「劣化だ」と言われている人って大抵昔に比べて顔のカタチが変わってますよね。

昔は丸顔だったのに今は面長になっていたり・・・つまり、「老化が進むと顔が伸びる」という説は本当なのでしょうか?

スポンサーリンク

顔が伸びる(長くなる)のカラクリ

老けると丸顔⇒面長になる?

ここ数年で「顔が伸びた」と言って騒がれた芸能人と言えば、思い当たるので奥菜恵さんとか夏帆さんあたりでしょうか?

でもこの2人、元は結構丸顔だったんですよね。

なので、なんで丸顔が長細くなっちゃうの?骨格まで変わっちゃったの?なんて一瞬びっくりしてしまったのですが、実は骨格自体は変わってません。

というのも、顔が伸びる原因って一般的に加齢(老化)による「たるみ」だと言われてるんです。(ただ、彼女たちがそうだとは断定しませんよ。汗)

詳しく言うと、年を取るとだんだん表情筋が緩んできて、皮膚が下に垂れてくる、というワケです。

老けると「みんな」顔が伸びる?

しかも、衝撃的事実発覚です。

なんと、20代から60代までの40年間、普通に生活してるだけでみんな「約3cm」も顔が伸びると言われているんです!

3cmって、結構長いですよね。

ちなみに、3cmって500円玉(直径2.65cm)より長いんです。それだけ長くなると、誰だって顔の印象が変わってきてくるのは当然です。

とは言え、顔の崩れを顕著に感じ始めるのは実に『40代』だそうです。

ということは、30代の今から対策をしておけば未然に防げる可能性大アリなんです。

劣化は「鼻の下」が要注意!

「顔が伸びる」とありますが、具体的に言うと顔が伸びる現象は特に「鼻の下の伸び」の影響が大きいんです。

ちなみに鼻の下が伸びると、顔全体が伸びるだけではなくて

・ぷるるんとしてた唇が薄くなる

・肌と唇の境界線が分からなくなる

といった現象も起こってしまいます。

「第一印象は口元で決まる」と言うだけあって、口元がぼんやりしてしまうと締まりが悪くなってあまりいい印象を与えられなくなてしまうんですね。

スポンサーリンク

鼻の下に特化した老化対策

「じゃあ鼻の下が伸びないようにするにはどうしたらいいの?」

鼻の下がまだ伸びてない今、できることは3つあります。

鼻の下を鍛える

鼻の下を鍛えるのって何だか難しそう、と思っていませんか?

実は、手順はとってもシンプルです。

1.口を閉じて唇の両端を指で外側に引っ張る。


2.その状態で、アヒル口をするように唇を突き出し、血行が良くなったと感じるまでそのままキープ。

(※アヒル口をしたことがなかったので、こんな感じになってしまいました)

この時、頬を強く引っ張り過ぎると痛くなってしまうので、あくまでも優し目に。

「血行が良くなった」と感じるのがなかなか難しいのですが、だんだん唇が暖かくなるので、それまでしばらく続けていました。(私の場合は1分ほど)

一見鼻の下を鍛えているようには見えませんが、上唇を動かすことで少なからず鼻の下の筋肉は動いてました!

唇のマッサージをする

先ほども述べましたが、鼻の下が伸びるとぷるぷるとしていた唇が薄くなり、境界線が分かりにくくなります。

なので、ぷるんとした唇と保つためには「唇のマッサージ」が効果的です。

具体的な方法としては、

  1. 唇にリップクリームを塗って保湿をする
  2. 指で螺旋を描くようにクルクルとマッサージをする

と、こちらもいつでもできます。

これをすることによって「唇のふっくら感」がよみがえって、鼻の下が伸びるのを食い止めてくれる効果があるんですよ!

ちなみに、唇の保湿はリップクリームでも良いですが、個人的には「はちみつ」がおすすめですよ!

関連記事はちみつパックをお風呂上がり(中)に髪、顔、唇に!前と後で効果は?

はちみつには「元々肌にある水分をそのまま閉じ込めてくれる」という役割だけでなく、「空気中にある水分も肌に集めて保湿してくれる」という何とも嬉しい役割まであります。

また、唇のマッサージは血色も良くなり、紫色に変色した唇対策にも効果的ですよ!

おすすめ唇のふちが紫色に!原因そして薄くなる改善方法を調べてみた。

口角を上げて笑う

口の周りには「口輪筋」というものがあります。

口輪筋は普段口を動かすときに使われるのですが、普段意識していないとあまり動かずに、加齢と共にどんどん衰えていってしまいます。

(引用:福増矯正歯科HPより)

口輪筋が衰えると、鼻の下が伸びてしまいます。どちらかというと、間延びしたように伸びてしまうので「馬っぽく」なってしまうんです。

口輪筋を鍛える方法としては、普段から口角を上げて笑うことを意識すること!

ちなみに、笑うことはシワを予防することにもつながるんですよ。

関連記事笑顔でいるだけで肌質が変わる?意外な肌と「笑顔」の関係性 

「そういえば最近あんまり笑ってないかも」という人は、ぜひ意識して笑顔を作るようにしてみてください。

 

まとめ

何事もそうですが、「危機感」は「手遅れ」よりも何倍も良いです。

「このままじゃヤバいかも」「このままだとどうなっちゃうんだろ?」と不安に思っている今だからこそ、日頃から習慣づけて対策しておきましょう!

スポンサーリンク