牛乳と豆乳の栄養素&カロリー比較!体にいいのはどっち?

牛乳と豆乳、女性にとって美容にいいのはどっちだろう?って思った時、多くの人が「豆乳!」って答えますよね。

ちなみに私も毎日豆乳飲んでます!

IMG_1598-compressor

牛乳も冷蔵庫にあるけど、豆乳を飲むようになってからあんまり牛乳飲んでないです。。。

でも、いつもそばでポツンと佇んでいる牛乳を見て、「牛乳の代わりに豆乳飲むのっていいのかな~??」って、ふと疑問に思ってしまいました。

そこで牛乳と豆乳の栄養素とかカロリーとかを調べて比較してみたら、結構違いがあることが発覚!

スポンサーリンク

牛乳は豆乳よりカロリー高い

まず、牛乳と豆乳、って言ってもそれぞれいくつか種類ありますけど、分かりやすく今回は普通牛乳と無調整豆乳に絞って比較することにしました。

まずはカロリーですが、これは牛乳の方が高いです。

100mlで見てみると、普通牛乳(67kcal)> 無調整豆乳(46kcal)!

カロリーだけ考えると、つい豆乳飲みたくなっちゃいますよね。。。

でも、それぞれの栄養素を調べてみたら牛乳には豆乳にはない栄養素がたくさん含まれてることが分かりました。

牛乳と豆乳は成分大体同じなのかな?って思ってたんですけど、結構違いがあってびっくりです!

 

牛乳と豆乳の栄養素比較表

これは、日本豆乳協会さんのHPに載ってたものです。表がすごく分かりやすいです!

zu-compressor

黒くマーカーされるものが、比較して多く含まれてるものだと思われます。

つまり、牛乳と豆乳ってどっちもバランス良くいい点があるってことなんですね~。

ではでは、早速牛乳から見ていきたいと思います。

 

カルシウムを摂るなら断然「牛乳」!!

牛乳は豆乳に比べてカロリー高いし、脂肪とかコレステロールも多く含まれてます。

それでも、豆乳より牛乳の方に多く含めれてるものって結構あるんですよね。
〇カルシウム
〇リン
〇亜鉛
〇ビタミンA
〇ビタミンB2
〇パントテン酸
この中でも特に気になったのがやっぱりカルシウムです。

豆乳が15mgに対して、牛乳110mg、ななんと7倍以上!

ちなみにカルシウムの一日摂取量の目安は600~800mgだそうです。私、毎日豆乳飲んでカルシウムも摂れてる気がしてたけど、摂取量の1/40にしかなってなかったんですね~。

どうりでこないだ受けた骨密度の検査結果がDだったわけですよ・・・。(ちなみに牛乳LOVEな夫はB判定でした。)

 

カルシウムは、骨を丈夫にするっていう大事な役割もあるけど、実は皮膚の細胞もカルシウムで繋がれていて、皮膚細胞が潤うのをお手伝いしてくれる役割をしてるんだそうです。

つまり、カルシウムを摂る事できめ細やかな肌を作ることができる!逆に言うと、カルシウムが足りないとシワができたり乾燥する原因になる!

これは知らなかったのでちょっとショックです。。。

 

あとは、牛乳には豆乳にはほとんど含まれてない「ビタミンA」が入ってますね。

※ビタミンAの美容への効果についてはこちら

すっかり豆乳信者だったけど、牛乳も同じくらい大事なんだなと再確認です・・・!

スポンサーリンク

豆乳はイソフラボンだけじゃない!

そして豆乳なんですが、こちらもイソフラボンだけじゃない、たくさんの栄養素が含まれてます。

豆乳の方が牛乳よりも優れてる点は、
〇鉄
〇マグネシウム
〇カリウム
〇ビタミンE
〇ビタミンB1
〇ビタミンB6
〇葉酸
が多く含まれてるっていうとこですね!

その中でも、鉄は牛乳の12倍、ビタミンEは31倍も多く入ってる!ってのが気になります。

※ビタミンEについての記事はこちら
※葉酸の若返り効果についてはこちら

鉄っていうと貧血の予防っていうイメージがありますけど、実は体内のコラーゲンを作りだすのに鉄は欠かせない存在なんですよー!

コラーゲンっていうと、肌のハリとか弾力をUPしてくれるとっても重要なモノですよね。しかも、体外から摂取しても無意味だっていうことも証明されてるので、やっぱり体内で積極的に作るに越したことないです。

 

まとめ

牛乳と豆乳どっちの方が体にいいか? ⇒ 両方ともそれぞれ違った栄養素が含まれてるので、どっちも飲んだ方がいい!

何となく分かってはいたけれど、やっぱり豆乳を牛乳代わりにしちゃいけないってことなんですね~。反省です><

豆乳もいいけど、明日からちゃんと牛乳も飲もう・・・!

スポンサーリンク





この情報をシェアする