砂糖断ちの肌への効果や禁断症状…体験者のブログで分かった3つのこと

以前、いろはすの記事を書いた時に「砂糖断ちをすると肌がめちゃくちゃキレイになる」という事を書いたところ、その部分に興味持ってくれた方が多かったので、今回はその「砂糖断ち」についてお話ししたいと思います。

まず、私の最初の砂糖断ちへの感想→「砂糖を食べないって結構きつくないかい?私には絶対無理!!」

多分、私以外にもこう思ってる人は多いと思うんですよね。うん、きっと大多数。笑

でも実際に体験ブログとかを見てみると、砂糖断ちを成功させてる人が結構いるんです。

しかも、みんなこぞって”絶賛”してる!

具体的には色んなメリットがあるみたいですが、実は肌への効果も凄まじいんです。

スポンサーリンク

白砂糖は想像以上に恐怖な甘味料

「このチョコ美味しい~♡もう一個食べちゃお♫」

なんて経験、一度は経験したことないですか?私はしょっちゅうあります。^^;

1個と思ってももう1個、そして気が付いた時にはすっからかん!

もう、中毒ですよね。もはや止まらないです、私の手。

そう、甘いものには中毒性があります。しかもその原因は、何を隠そう「白砂糖」なんです。

白砂糖って、たくさん食べ過ぎたら太る、というイメージがありますけど、それだけじゃないんですよ。

そもそも白砂糖は製造過程で栄養が失われてると言われているのですが、それに加えて消費するために元々体の中にあるビタミンやミネラルがたくさん使われてしまうんです。

ビタミンやミネラルが不足してしまうと、当然肌にも影響出てきますよね。

くすみやシワなんかもできるし、ニキビができる原因にもなったりします。

それに、白砂糖を摂りすぎると冷え性になったり、婦人系の病気に繋がったりするとも言われてます。

逆に言うと、白砂糖を止めただけで肌がキレイになった!冷え性が治った!と言ってるひと、結構多いんです。

つまり、それだけ白砂糖には影響力があるということ!

甘くて幸せなのは一瞬だけ!でもその代償は想像以上に大きいってことですね。

 

砂糖の代用品は意外とたくさんある

砂糖を食べるのをやめる、というと『もう甘いもの食べられないってこと・・・?』とつい心配してしまいがちですが、心配する必要はありません。

実際に砂糖断ちをしてる人も、甘いものを食べたくなったら食べてます。しかも、意外にも白砂糖に代わる代用品っていっぱいあるんですよ!

ざっと挙げるだけでも

  • メープルシロップ
  • はちみつ
  • てんさい糖
  • ココナッツシュガー
  • 黒砂糖
  • フルーツ

といったものがあります。結構ありますよね!

正直、黒砂糖はアリなの?と思ったのですが、調べたところ、黒砂糖にはカリウムやカルシウム、ビタミン類が残っている分、白砂糖よりも”まだ”良いんだそうです。

ただ、やはりマシなレベルであって、徐々に減らしてくのが理想なんですけどね。

これなら甘いもの食べたくなっても、ヨーグルト&バナナとか、コーヒーにココナッツシュガー入れたりして十分に堪能できそう!ちょっとだけやる気も出てきますよね。

ちなみに飲み物は、炭酸飲料はもちろんNGですけど、「清涼飲料」も飲まない方がいいですよ。

関連記事いろはすは環境にやさしいけど糖分高い点はやさしくない

清涼飲料ってあなどれないです。意外と砂糖たくさん入っててブルーになります。。。

スポンサーリンク

禁断症状を乗り越えると人生が変わる

色んなブログを見てみると、やっぱり初めはみんなそれぞれ禁断症状と闘ってます。

ボーっとしてくる人、やる気がなくなる人、イライラする人、、、。

最初の3日がピークで、3週間くらいするとだんだん依存症から抜け出せるようなのですが、それもホント、人それぞれです。

ただ間違いなく言えるのは、最初はやっぱりかなりキツイみたいです。

なので、もちろん無理は禁物です。

無理しすぎるとその分禁断症状も激しくなってしまいますし、ストレスでかえって肌荒れしてしまうこともありますからね。

でも、頑張って耐え抜いて、何とか禁断症状のヤマを越えた時。

甘いものを食べなくても全然平気な毎日になったり、ちょっと甘いものを口にしただけで「甘っ!」と食べられなくなったり、日常に変化が現れ始めるんだそうです。

そして、美容以外にも「集中力が上がった」「視力が回復した」「イライラしなくなった」「穏やかな性格になった」なんて嬉しい変化も現れて、まさに生活、というか、人生が変わるとのこと!

すごいですよね。でも、すごいって思ってるのってただ単に私が砂糖中毒なだけで、これを抜け出せたら意外と続けられることなのかもしれませんね。

 

まとめ

「小腹が空いたなぁ」「何か食べたいなぁ」といった時は、とりあえず目の前にあるチョコ一個、クッキー一枚に手をだすことからやめてみましょう。

最初はキツイかもしれませんが、だんだん慣れてきます。そして、普段から甘いものを食べない自分に満足してきます。

そして気が付く頃には、まさに人生が変わるくらいに肌に変化が表れているかもしれませんよ!

ちなみに間食は、はちみつやてんさい糖などの他に「糖質が低い食べ物」を選ぶのがおすすめです。

全く甘くなくても満腹感があるものもたくさんあるので、まさに選びたい放題ですよ!

低糖質の間食おやつについては「糖質制限で健康&キレイに!食べてもいいコンビニおやつ&補食は?」を参考にしてくださいね。

スポンサーリンク