ヒルドイドは顔に塗っても大丈夫?副作用、しみへの効果は

最近「ヒルドイド」の人気が止まらないですね~!

「2~3万円する美容クリームよりも美容効果が高かった」なんて言われたら、そりゃ誰だって欲しくなっちゃいますよね!

でも、だからってすぐに「よしっじゃあ今週末にもらいに行こう!」と考えるのはまだ早いですよ!

事前に効果や副作用などをしっかり知ったうえで、ヒルドイドクリームをぜひ試してみてくださいね。

【スポンサーリンク】

ヒルドイドは本当に「魔法のクリーム」なのか

「ヒルドイドは3万円の高級乳液より効果ある」

さきほどのNaverまとめにもありましたが、ヒルドイドで検索すると、必ずと言ってこのフレーズが出てきます。

でも、ヒルドイドは「皮膚の薬」です。皮膚の保湿だけでなく、ケロイドの治療なんかにも用いられる薬です。

それが「高級乳液より効果ある」と言われているのはどうしてなのか?
無性に気になったので、その謎を紐解いてみました。

 

ヒルドイドの皮膚への効果を分析!

ヒルドイドは主に「ヘパリン類似物質」という成分でできています。

名前だけ聞いてもいまいちよく分からないですが、皮膚科ではかなり有名な処方成分なんです。

  • 保湿効果
  • 血行促進効果
  • 抗炎症作用効果

の3つの働きがあって、通常は美容目的ではなくてあくまでも「乾燥肌の治療」として使われてるものなんですよね。

じゃあ何で美容にもいいかと言ったら、それぞれの効果が結果的に美容にもつながってくるからなんです。

保湿効果

ヘパリン類似物質は、ワセリンと同じく保湿効果があります。

でも決定的に違うところがあって、ワセリンはどちらかというと「表面だけの保湿」、そしてヘパリン類似物質は「基底細胞にまで保湿」です。(小林製薬さんのサイトの図がとても分かりやすいので載せますね。)
dd-compressor (1)

これを見ると、コラーゲンよりもヒアルロン酸よりも奥まで行ってるのが分かりますよね。(ただそれぞれ役割があるので、ワセリンがヘパリン類似物質より劣ってるといったことはないです。)

奥の奥まで保湿効果が期待できると、乾燥肌を内部構造から治すことができるので、それが結果的に肌にハリが出たり、肌をやわらげたりといったことにもつながってきます。

 

血行促進効果

お肌の血行が良くなると、内部でお肌の再生が促されて、新陳代謝が活発になるというメリットがあります。

美容には新陳代謝のアップは効果的だと言われてますよね。

新陳代謝がアップすると、体の脂肪が燃えやすくなったり、汗もかきやすい身体になります。
それが続くと自然と肌の状態も変わってきますし、肌のキメを整える効果も期待できます。

 

抗炎症作用効果

抗炎症作用効果っていうと「ただ傷を治してくれるだけじゃない?」って、一見美容には関係ないようにも思えるんですが、決してそうとは限りません。

一番のポイントは、皮膚の炎症を抑えることで肌を正常な状態に戻してくれる、ということ。

皮膚の炎症と言えば、ニキビや肌荒れなども含まれますよね。
つまり、ヒルドイドはそういった症状を抑え、キレイな肌の状態へ戻してくれると言われてるんです。

 

ヒルドイドは顔に塗っても大丈夫?

ちなみに、似たような効果&成分で「アットノン」がありますが、あれは顔はNGです。(塗ってる人も実際には結構いるみたいですが、保証できないのでやめた方がいいですよ!)

それに引き替え、ヒルドイドは顔に塗ってもOKです。赤ちゃんの乳児湿疹なんかにも処方されるくらいなので、基本的には安心して使える軟膏だと思います。

ただ、だからと言って「副作用が全くない」ってわけじゃないので、その点をご説明しますね。

【スポンサーリンク】

ヒルドイドの副作用

まず、副作用として挙げられてるのが「痒み、赤み、発疹」です。しかも、口コミなんかを見ると「まぶたなどの皮膚が薄いところにつけたら赤みが出た」なんていう声もあるんですよね。

なので、目の周りは塗らない方が無難!でもって、はじめからいきなり顔全体に塗らずに、少しずつ試してみた方がいいです。これは何においても言えますよね。

副作用が出る人の確率は0.93%とのデータも出ているそうなのですが、万が一あなたが残りの0.07%に当てはまる可能性も十分にあるので、その点はしっかり認識していただきたいと思います。

 

ヒルドイドはネットでも購入できる

ただ、ヒルドイドは処方せんが必要になるので、市販のお薬として薬局で売ってないんですよね。わざわざ病院に行かなきゃならないので、それがちょっとデメリットかなとも思います。

でも、頼めば一度にたくさん処方してもらえるって話もあるし、値段も(保険適用で)1本約200円とかなり安いのは確か!

しかも、調べたところによると、

患者A
前に帰省先の病院でヒルドイド出してもらったらよく効いたので、今回もそれをもらいたいんです!

とか言うと処方してもらいやすいそうなので、試してみる価値ありそうですね。(ダメだったらすみません。。。)

 

でも、じゃあ皮膚科に行かないと買えないか?っていうとそうでもなくて、実は処方せんなしでもネットで購入できるサイトもあります。(ちゃんと合法です)

くすりやカホン

こちらは会員登録すると色々な薬が処方せんなしで買えます。

【メリット】

  • 皮膚科に行かなくて済むので、せっかくの休日を有意義に過ごせる(平日に会社休まなくてもいい)
  • 交通費が節約できる
  • 待ってる間のイライラがないヒルドイドを確実に手に入れることができる
  • 初診料などがかからない

【デメリット】

  • 年会費がかかる(1,000円/年)
  • ヒルドイドの価格が1,080円とちょっと高め
  • 送料がかかる

問題は料金ですかね。交通費や診察代との兼ね合いを考えても、ネット通販の方がどうしても高くなるとは思います。ただ、毎回行くのがめんどくさい!って人にはぴったりですよね。

ちなみに私はビビリ&時間を有効に使いたい派なので、迷わず通販です(笑)。

現在、上記サイトでは「ヒルドイド」ではなくあくまでも「アットノン 医療用」として販売されています。

私が購入した時はヒルドイドとして書かれていた記憶があるのですが・・・何らかの事情で変更になった可能性もありますので、購入の際は必ず販売元へ確認してください。

また、近々ヒルドイドが保険適用外になる可能性がありますので、それに伴ってこちらのサイトでも価格が今後高くなっていくかもしれませんね。

 

まとめ

ヒルドイドはあくまでも「皮膚の保湿剤」なので美容目的の商品ではありません。

とは言え、使っていて実際にお肌にハリが出た、調子が良くなったと言っている人が多いので、試してみる価値は十分にありそうですね!(←自己責任でお願いします)

値段も手ごろだし、私も早速試してみたいと思います♪

 

【追記】実際に通販で購入し、右頬のしみを消すべくヒルドイドを実践してみました。結果を先に言うと、途中で断念してしまいました。。。

何とも残念なヒルドイド経過はこちらで読めます。↓

スポンサーリンク