夜より朝?美肌UP成分「リコピン」を最も効率的に摂取する方法

年をとるにつれて増えてくる「しみ」「しわ」「くすみ」「肌荒れ」といった悩み。

そんな悩みに振り回されたくないのなら、今のうちから積極的に「リコピン」を摂取しましょう!

リコピンを含む食べ物はいくつかあるのですが、中でも摂取量が多く、またいつでもどこでも手に入る「トマト」がおすすめですよ。

そこで今回は、トマトに含まれるリコピンを最も効率よく摂取する方法をご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

トマトに含まれるリコピンパワーの凄さ

リコピンとは、トマトの『赤』をつくっている成分で、果肉が赤ければ赤いほどたくさんのリコピンが含まれていると言われています。

リコピンの効能としては、

  • 抗酸化作用(「肌サビ」の元となる活性酸素を除去してくれる作用)」が強い
  • 紫外線を予防してくれる
  • 日焼けによるしみやソバカスを防いでくれる

ちなみにリコピンの抗酸化作用は、通称「若返りビタミン」ビタミンEの100倍近くの力があるんですよ!

また、日焼け効果についても、摂取するだけで日傘をさしてるのと同じくらいの効果があるんです。

肌の老化の原因は、8割が紫外線とも言われてるので、ここはぜひ積極的にリコピンを摂取していきたいですよね!

 

リコピンを最も効率的に摂取する方法

トマトジュースを飲む

ずばり、毎日リコピンを効率的に摂取するなら断然トマトそのものを食べるよりも「トマトジュース」がおすすめです。

というのも、リコピンの理想的な摂取量は一日15mg以上なのですが、大きいトマトだと1日2個、ミニトマトだと1日17個以上食べないといけないんです。

それに比べて、トマトジュースはたった一杯飲むだけで1日の摂取量が摂れるものがほとんどです。

それに、トマトジュースだと1本200円前後で5日ほどイケるので、コスパ的にもおすすめです。

毎日続けるためには、できるだけ楽に、安くが良いですよね!

なので、トマトジュースに抵抗がない人はぜひトマトジュースでリコピンを摂取しましょう。

※トマトジュースが苦手な方でも比較的飲みやすいものもあります(後述)。

トマトジュースが苦手な人は、ミニトマトがおすすめ!

「やだやだ。トマトジュースなんて絶対無理!あんなの絶対飲みたくない!」

という人は、大きいトマトではなくミニトマトを食べるようにしましょう。

食べる個数としては多くなってしまうのですが、実は大きいトマトよりもミニトマトの方が栄養価が高く、美肌成分もたくさん含まれているんですよ!

ちなみに、トマトを選ぶ際は赤ければ赤いほど良いのはもちろんですが、赤みが均一で、ヘタが緑色で生き生きとしているものを選ぶようにしましょう。

摂取は夜ではなく「朝」!

少し前までは、「トマトは夜摂取した方が良い!」という意見が多かったのですが、最近カゴメの研究で、朝に摂取すると一番リコピンが吸収されることが分かったそうです。

(引用:『リコピンを効率的に吸収するなら「朝トマト」で』

ちなみに、リコピンは食事前に摂るとダイエット効果があるんですよ!血糖値を抑える働きもあるので、摂取するならぜひ「朝の食事前」をおすすめします。

温めることでリコピンUP!

リコピンはそのままでも美肌効果が高いのですが、温めることで吸収力が3倍以上も上がると言われています。

また、リコピンは油に溶けやすい性質を持ってるのですが、中でもオリーブオイルと一緒に摂ると吸収力が格段に上がります。

トマトとオリーブオイル、めちゃくちゃ合いますよね♡一気にイタリアンになってリッチな気分を味わうこともできますよ!

 

【まとめ】リコピンを最も効率よく摂る方法
・トマトジュースを、朝一番に温めて、オリーブオイルをかけて飲む

 

私は、600Wで2分、ボッコボコにして飲んでいます。(笑)

オリーブオイルをかけることでミネストローネみたいになってかなり美味しいですよ!

 

スポンサーリンク

 

トマトジュースが苦手な人にイチオシのトマトジュース

IMG_0746

 

実は、私は大のトマトジュース嫌いだったんです。

トマトは好きだけど、トマトジュースのあの独特のしょっぱさが嫌い!

なので、実に30年以上ずっと避けてきた飲みものだったのですが、久しぶりに飲んだこのトマトジュースが美味しすぎました!!

まるでトマトそのものを絞って提供しているような感じ!食感もドロドロしていて、ジュースというよちまさにトマトを「食べている」という感じです。

トマトジュースが嫌いでも、トマトが好きならきっと「美味しい」と思うのではないかと思いますよ!

ツイッターにもたくさんいました。

ちなみに理想のトマトは砂糖、食塩不使用。かつリコピンも他のトマトジュースに比べて豊富なので、そういった理由でもかなり人気があります。

参考理想のトマトと熟トマト、栄養成分の違いは?味はどっちが美味しい?

リコピンは1本900mlに135ml入っているので、一日180ml(コップ一杯分)飲むだけで「27ml」と、理想の摂取量である15mlを優に超えるリコピンが摂れます。

明らかにミニトマト17個食べるよりも手軽ですよね。しかも、ペットボトル1本で5日分!かなりお得です。

ペットボトルには1日分(180ml)のラインが引いてあるので、それを目安にコップに入れることができてとても便利ですよ!

リコピンは天然の成分なので、過剰摂取をしても特に問題がないと言われています。

まれに「お腹がゆるくなる」「塩分の摂りすぎ」といった内容が報告されているのでその点だけ注意です。

ただ、理想のトマトの場合は塩分不使用なので比較的安心して飲むことができます。

 

まとめ

正直、毎日リコピンを摂取しているかしていないかで10年後、20年後の肌の状態は全然違ってくると思います。

毎日の習慣として定着するためにも、できるだけ楽に、そして効率よく摂取することを心がけてくださいね!

スポンサーリンク