日焼け止め、SPFは同じでも値段が高い(安い)の違いは何?

IMG_07701-min

最近は、紫外線対策としてこの上戸彩さんがCMしてる日焼け止めスプレー↑を使っています。

 

でも、この間外出した時に持っていくのを忘れちゃったんで、急きょ薬局で別の日焼け止めを買ったんですよ。

IMG_0772

この日焼け止め、なんと1個300円前後!

安くないですか~?
思わず二度見しちゃって、勢いで2個買ってしまいました(^^;)

 

そこでふと思ったこと。

この日焼け止めって両方「SPF50」なのに、どうして値段が倍以上も違うんだろう???

他の商品見ても、高いのから安いのまでほんとピンキリだし。

特に違いがないんなら、値段安いやつでいいのかなとも思うんですけど、やっぱりそう単純なものではないんでしょうか?

【スポンサーリンク】

「SPF」の本当の意味

そもそも、私の場合『SPF』っていう言葉自体よく分かってなくて、「とりあえず、数値が高い方がより紫外線ガードしてくれるってことでしょ?」と思ってたんですけど、調べてみてびっくり!

どうやら私、トンデモ勘違いしてたみたいです。。。

 

というのも、SPFの数値って『どれだけ強力にガードしてくれるか』じゃなくて『どれだけの時間ガードしてくれるか』なんですね。

どういうことかというと、

20分程度の間に何も付けていない素肌と比べて、日焼けが始まるまでの時間を何倍に伸ばすことが出来るか

なので、例えばSPF32なら、20分×32=640分。つまり、10時間40分後まで日焼け止めの効果がある。

私が好んで使ってるSPF50なら、20分×50=1,000分だから、16時間40分まで日焼け止めの効果があるってことなんです。

(とは言っても、実際にはかなり白くなるほど厚く塗らないと、そこまでの効果はないらしいんですけどね。。。笑)

 

日焼け止めはシーンによって使い分けるべし!

ちなみに、調べていたらとっても分かりやすい画像を発見しました。

fig03_criteriaPA(引用:CosmeLand

これを見れば、生活のシーンでどのくらいのSPFの日焼け止めが必要かが分かるんですけど、ずばり日常生活に必要なSPFはたった「10前後」なんですよね。

てことは、この図を見る限り、私、毎日「レジャー級」の日焼け止めをつけてたってことになります。

つまりは、サマソニです。毎日サマソニ行ってたのと同じってことです。

「でも、長い時間効果あるなら別にいいんじゃない?」なーんて思ったら大間違い!

結局たくさん塗らないと長い間効果はないし、それどころか、SPFの数値が高ければ高いほど、肌への負担も大きい(肌荒れとか乾燥を招く成分なんかも入ってる)んですよー!

つまりは、SPFが高い日焼け止めを塗るメリットって実はあんまりないんですね~。

ちなみに、数値高い日焼け止めを塗って放置するよりも、低い日焼け止めを小まめに塗った方が日焼け的にもお肌的にも断然いいんだそうです。

【スポンサーリンク】

安い焼け止めと高い日焼け止めの違いは?

で、本題の「同じSPF15~20の日焼け止めでも、値段が安いものでも高いものってどう違うの?」ですが、やはり中身の成分がかなり違ってきます。

例えば、高くて有名な?アネッサの日焼け止めなんかは、ウォータープルーフなのに石鹸で落ちる素材を使ってたり、保湿成分が入ってたり、「独自のUVブロック処方!」なんてのもあったり、ただ紫外線を防ぐだけの役割で終わってないです。

ddd

気になって他の日焼け止め(1,000円以上するもの)を見てみたんですけど、どれもやっぱり

  • 化粧下地としても使える
  • ビタミンやヒアルロン酸などが配合されてる
  • 美白効果がある
  • 紫外線を究極までカットする新テクノロジー
  • アロマティックホワイトフローラルブーケの香り などなど・・・

っていう、お得感満載のものがほとんどなんですよね。

ただ、有名なものって結構『宣伝費』とか『広告費』なんかが上乗せされちゃってるケースも少なくないので、その分もちょっと高くなってるって考えといた方がいいと思いますね(^^;)

 

まとめ

高い日焼け止めは金額の分だけ色んな+αがあるので、そこも検討した上で自分が欲しい(必要な)日焼け止めを買うとよいです。

お気に入りの日焼け止めが見つかるといいですね☆

スポンサーリンク





IMG_07701-min

この情報をシェアする