え!私って「若作り」?「若々しい」との違い&特徴を調べた結果

先日、たまたま見ていた記事でこんなものを発見!

gooランキングで過去にアンケートを取った結果らしいんですけど、男女それぞれ250人に聞いた『「無理して若作りしている」と思うオバサンの特徴ランキング』の結果がこれでした。

1位 ミニスカートをはいている 44.2%
2位 髪の毛を過剰に染めている 25.4%
3位 ピンクやフリルのついた服を着ている 24.4%
4位 メールやメッセに絵文字を多用している 19.6%
4位 つけまつ毛や太目アイラインなど流行のメイクをしている 19.6%
6位 体のラインが見えるタイトな服を着ている 19.4%
7位 がんばって撮った自撮り画像をSNSにアップする 17.4%
8位 「てへぺろ」「~ゾイ」など流行語を取り入れる 16.8%
9位 ゴスロリ風の服装を着ている 13.8%
9位 黒髪ロングでポニーテールやツインテールにしている 13.8%

正直、うんうん!分かる!!ってうなずくものばかりです(特に8位なんてなかなかツワモノ!)。

・・・が、

11位以降のもので、「あれ?私当てはまってる?」ってものがあったんでちょっと衝撃を受けてしまいました。

スポンサーリンク

普段憧れてた行動が「若作り」だったという事実

ちなみに、11位以下はこのようになっていました。

11位高級化粧品でマイナス○歳肌を作っている 13.2%
12位ヒールや底の高い靴を履いている 12.0%
13位言葉遣いが汚い 9.6%
14位ディズニーやサンリオなどのキャラグッズを大量に持っている 8.8%
15位2ちゃん用語を多用している 8.6%
16位語尾をのばして会話している 8.0%
17位恋愛経験豊富アピールをしてくる 7.8%
17位髪の毛をロングのまま維持している 7.8%
19位口調が強い 7.0%

この中で、私が当てはまるのは「語尾をのばして会話」です。

あと、ちょっと前まではずっと髪の毛ロングだったし、「-〇才肌」の化粧品とかすごく興味あるし、、、

でも、他人(きっと若い世代)から見たら、これが「若作り」に思えるってことなんですね。。。

自分ももしかして「イタイ」って思われてる瞬間があるのかと思うと、やはりちょっとショックですね。

 

改めて「若作り」と「若々しい」の違いを考えてみた

じゃあ、反対に若々しいってどういう人のこと言うの?っていうと、これがまた興味深いんですよね。

もちろん色んな意見がありますけど、中でも特に多かったのが

・肌や髪がキレイ
・自然体
・ポジティブシンキング
・笑顔が素敵

つまり、外見で着飾ることができない部分(+内面からにじみ出るもの)ってのがポイントみたいです。

しかも、とあるネットにはこんなことまで書いてありました!

若々しい←本体が若い

若作り←格好が若い

まぁ、なんと分かりやすい(笑)!

つまり、いくら外見を着飾らなくても、本人の肌、髪、スタイル、内面などが美しい女性は「若々しい」。

逆に、いくら外見を頑張っても、自分が本来持ってるものがダメダメな女性は「若作りのイタイ人」に認定されちゃうってことなんでしょうね。

正直シビアだな~とも思いますが、たしかに内面が悪い人は老けやすいという部分は納得です。

若いのに異様に老けて見える友人、原因はその性格にあった

スポンサーリンク

目指すはもちろん「若々しい」!でも「若作り」でもいい?

たしかに素肌とか内面が輝いてる人ってすごく素敵だし、納得だな~と思うんですけど、でも最初のランキングを全部鵜呑みにするのも違うかな?とも思うんです。

もちろんやりすぎはNGだけど、でも、ロングヘアーとか高いヒールとか全然いいと思うし、むしろ似合うオトナの女性はカッコよくないですか?

しかも、そういう人ほど今の自分に自信持ってるだろうし、ブレないところもまたカッコいい!

そういう面では、ランキングでいちいちショックを受けている時点で私はまだまだかなと思います。笑

なので、お肌の手入れ頑張るのはもちろんだけど、あんまり周りの目をきにしすぎないで、好きなものを自分らしく身に付けて楽しむのが一番!!

それがきっと「笑顔」に繋がって、内面から出る若々しさに繋がっていくのではないでしょうか?

スポンサーリンク





この情報をシェアする