カロリー低い野菜でも食べ過ぎたら太る!野菜を食べる時の2つの注意点

「野菜はカロリーが低いからいくら食べても大丈夫!」
「ダイエットしたいならとりあえず鍋食っとけば大丈夫!」

なんて思ってませんか?

たしかに、野菜は肉や揚げ物に比べるとものすごくヘルシーかつカロリー低いです。

でも、だからと言って何でも気にせずたくさん食べ過ぎるのは要注意!

中にはカロリーを気にしないといけない野菜がたくさんあるので、食べる時にも注意が必要なんですよ~!

 

スポンサーリンク

野菜はカロリー低いから大丈夫!は間違いだった

野菜のカロリーを調べるにあたって私が参考にしたのはこのサイトです。

参考サイト太っちゃいけない高カロリー野菜ベスト10(チョコレート換算)

これによると、カロリーが高い野菜の一覧として

  1. 黒豆 (289kcal/100g)
  2. 枝豆 (135kcal/100g)
  3. にんにく (134.1kcal/100g)
  4. そら豆 (108kcal/100g)
  5. 唐辛子 (96.1kcal/100g)
  6. グリーンピース (93kcal/100g)
  7. とうもろこし (92kcal/100g)
  8. れんこん (66kcal/100g)
  9. ごぼう (65kcal/100g)
  10. にんにくの茎 (45kcal/100g)

と書かれていました。

個人的には黒豆って野菜なの?にんにくも???という疑問が残るのですが、要は 豆類は総じてカロリーが高いということが分かります。

また、れんこんやごぼうなどの 根菜類もカロリーが高いです。

ちなみに、ごぼうは丸々1本で大体150gで、カロリーは100kcal。

それを食べるだけでも、チョコレート板を1/3食べてるのと同じくらいのカロリーになるんです!

ごぼうって食物繊維が多くてヘルシーなイメージが強いですが、筑前煮などでバクバク食べるのは要注意ってことですね。汗

 

 

野菜をたくさん食べたい時に気を付けるべき2つのポイント

もちろん同じカロリーでもお菓子よりも野菜の方が断然栄養価高いので、食べるなら絶対に野菜です!

なので、カロリーをなるべく抑えながら野菜を食べるためには以下の2つに注意するようにしてください。

カロリーが低い野菜から食べる

まずひとつは、「カロリーが低い野菜から食べること」!

最近有名なダイエット法として「食べる順番ダイエット」がありますよね。

これは、食事をするときに

  1. 野菜(サラダなど)から先に食べる
  2. 魚や肉などのたんぱく質を食べる
  3. 炭水化物(ご飯、パン類)は最後に食べる
  4. それぞれをゆっくりよく噛んで食べる!

といった食べ方をするだけで、血糖値の急上昇が抑えられて結果満腹感を得られやすい=脂肪がつくにくくなる!というものです。

そこから、私は同じ野菜の中でもなるべくカロリーの低いものから食べるようにしています。

例えば、レタスやキュウリ、トマトは率先的に最初に食べるようにして、人参やかぼちゃなどは最初に食べないようにする!

同じ野菜を同じ量食べるにしても、食べる順番を変えるだけでだいぶ変わってきますよ!

 

高カロリーなドレッシングを使わない

サラダを食べていて、意外と見落としがちなのが「ドレッシングのカロリー」です!

これは本当にあなどれなくって、たとえばキューピーのドレッシングだけでもこんなにもカロリーが違うんですよ。

関連記事大好きなキューピードレッシングのカロリーと塩分を調べてみた

そして、中でも要注意なのが 「ノンオイルドレッシング」!

というのも、ノンオイルドレッシングはカロリー低い代わりに塩分、糖分が多めのものが多いんです!

なので、ノンオイルだから安心♪って思って使い続けてたら逆に太ってしまうことにもなりかねないんですよね。。。

最近はノンオイルかつ塩分も抑えられたものも多く発売されているので、そういったものを選ぶことをおすすめします!

 

まとめ

「野菜」とひと言で言ってもカロリーは千差万別!

何でもモリモリ食べすぎると却ってカロリーオーバーになってしまうことも十分にあります。

個人的にそこまで厳重に気をつける必要はないと思いますが、くれぐれも「野菜だから」と言ってドカ食いすることだけは注意するようにしてくださいね!

スポンサーリンク