正月太りが戻らない!より短い期間で解消できる食べ物とは?

私は、1年の中でも年末年始が一番好きです。

みんなが浮足立ってるあの雰囲気も大好きだし、何といってもテレビが面白い!

テレビっ子の私としては、テレビジョン買って色んな番組録画しまくって、こたつに入りながらゆっくり見るのが大好きなんですよね。笑

ただ、毎日のようにダラダラ&食べてばかりいるので、その後まんまと「正月太り」に苦しめられます。

しかも正月太りってなかなか戻らないので、いつも後悔してしまうんですよね。

スポンサーリンク

みんな正月太りに悩んでいる

 

なんて聞いて、「みんな一緒じゃん♪」って安心しちゃいけないってことは分かってるんですけど・・・w実は予想以上にたくさんの人が正月太りに悩んでるんです。

ちなみに、サニーヘルスという企業が毎年調査してる内容によると、2015年はアンケートに答えた人の70%以上が正月太りをしたと答えています。

しかも、増えた体重の平均は、なんと『2.14kg』!

まぁ体を動かさずに食べるだけ食べたら当たり前の結果なんですけど、普通に考えたらすごいことじゃないですか?

だって、ものの1週間~10日で2kgも増えちゃうんですよ!?(妊婦でもさすがに怒られるレベルです)

ちなみに私は毎回怖くて体重計乗れてないんですけど、きっとこのくらいは太ってるんだろうなーと思います。

ただ、正月太りの怖いところは、ただ「太る」だけではなくて美容の面でもかなりの悪影響ということが分かったんです。

正月太りはお肌にも影響する!!

正月太りは、ただ「食べる」だけでなく「運動もほぼしていない」という状態ですよね。

その状態がずっと続くと、体の新陳代謝がガクッと落ちてしまいます。

新陳代謝が落ちてしまうと、具体的には

 

・メラニン色素が肌の内部に残るので、しみの原因になる

・お肌にうるおいが無くなって、乾燥しやすくなる

・肌のなめらかさや透明感が失われて、ざらつきやくすみが目立つようになる

 

といったことが起こってしまうんですよ。

せっかくこれまで必死になってお肌のためにと頑張っていても、正月太りでオジャンになっちゃったら元も子もないですよね。

そういった意味でも、お正月に太ったらそのまま放置せず、なるべく早く解消した方が良いんです。

スポンサーリンク

正月太りの解消法!その後はどんな食べ物を食べたらいい?

お正月と言えば、おせち料理やビール、そして酒のつまみなどなど・・・普段の食生活に比べて、結構しょっぱい食事が多いですよね。

いつもは気を付けてても、年始くらいいっか~♪ってついつい食べ過ぎちゃって、結果塩分取りすぎ!って人も少なくないと思います。

実は、正月太りの正体は「脂肪」ではなくて、塩分と水分が合わさることによってできる、体の「むくみ」が大きいんです。

なので、正月太りを解消するには「むくみが取れる」食べ物を食べるようにすればいいということなんですね。

ちなみに、むくみに効果的な食べ物は色々あるのですが、個人的にはこれらの食べ物がおすすめです。

①あさり

実は、あさりって塩分を外に出す働きがある「カリウム」が豊富に含まれていて、利用作用もバツグン!むくみ解消に最適な食べ物だと言われてるんです。

荒れた胃を休めるためにも、あさりの味噌汁なんて良さそうですよね。気持ち的にもほっとします(*^^*)

②よもぎ

最近ではよもぎ蒸しやよもぎ茶など色々ありますが、よもぎにもカリウムが豊富に含まれてるので「むくみに効く」と言われてるんです。

よもぎと言えば、そう!七草粥ですよね!

私も結婚してから毎年七草粥は毎年作って食べるようにしています。

イベントごととしても楽しめるし、正月太り解消にもなるならまさに一石二鳥ですよ!

③トマト

むくみ解消には「クエン酸」も良いと言われてます。

クエン酸と言えば梅干しを思いつくのですが、大量に食べると明らかに塩分取りすぎてしまいますよね。

なので、同じクエン酸が含まれるものとしてトマトをおすすめします。

ちなみにトマトを効率よく摂りたいなら断然「トマトジュース」がおすすめです。中でも「理想のトマト」は食塩&糖分不使用ですし、味も濃厚で美味しいです!

私はすっかりハマって毎日愛飲しています。^^

美肌効果抜群!トマトの理想的な摂取量は?最も効率的なのはコレ!

理想のトマトと熟トマト、栄養成分の違いは?味はどっちが美味しい?

 

まとめ

お正月についつい食べ過ぎてしまったら、その後の食べ物に気を付けること!

かと言って、それに甘えてあまり食べすぎないようにしましょう(^^;)私も気を付けます・・・。

スポンサーリンク





この情報をシェアする