七五三に着るおしゃれなママ服装!絶対に選んではダメな色とは?

先日、娘の七五三の衣装合わせに行ってきました!

IMG_0856

完全に親バカですが、やっぱり我が子の晴れ着姿ってカワイイですね~(*^_^*)ついつい何着も試着して、全然決まらないという事態に陥ってしまいました。笑

そして、この時に写真屋さんの方から

「お母さんも一緒に着物にしますか?」

と聞かれたんですけど、値段も結構するしな~~~~~、ということで、結局スーツに決定!

ただ、こういった行事ははじめてなのでどういう服装がいいのか?何色がいいのか?がさっぱり分からないんですよね。

そこで、実際にお店に出向いてリサーチしてきました!

スポンサーリンク

 

色を決めるときに絶対に選んではいけない色とは?

七五三の服装を決めるにあたってまず最初に悩むのは「色」ですよね。

ちなみに私が最初にパッと思い浮かんだのは、「アイボリー」

明るい感じがするし、実際に着ている人も多いので無難でいいかなと思ったんです。

※イメージ図
プールヴー スーツ 入園式 卒園式 レディース アイボリー Mサイズ 9号 2739

普通にかわいいし、上品そうに見えますよね!

ただ、ここでお店の人からのひと言

「お子さんの着物の色は何色ですか?」

でふと我にかえりました。

そう、何を隠そう七五三の主役は「子供」なので、その子供との着物の色のバランスを第一に考えなくてはダメなんですよね。

ちなみに、娘は当日白地の着物を着る予定です。

イメージ図dad(引用:SOUBIEN)

こうやって並んでみると、何だかぼんやりしてしまいますよね。汗

私だけだったらまだしも、これだとせっかくの娘の着物が映えないです。

それに、当日だけだったら良いけど、その写真が一生残ってしまうとなるとますます後悔しそうですしね。。

なので今回の私の場合は「アイボリー」がダメでしたが、何色にかかわらず絶対に子供の着物と同系色の色は選ばないようにする。これ、鉄板です!

 

スポンサーリンク

同じ色でもスーツの「タイプ」によって印象が全然違う

そして、お店の人に聞いたところ、最近はテーラードジャケットよりもノーカラージャケットの方が人気なんだそうです。

dadadada

たしかに、最近ノーカラージャケットはよく見かけますよね。

これは好みが分かれる部分かと思いますが、それぞれの特徴として

【テーラードジャケット】
・キレイ目ですっきりとしたデザイン
・色んなシーンで使いこなせる

 

【ノーカラージャケット】
・襟元がすっきり見える
・下の服が見えない分、アクセサリーが目立つ

といったものがあります。

これはどちらが良いとかはないので、好きな方を選んで問題ないです。

ただ、個人的には断然ノーカラージャケットですね!アクセサリーを選ぶのが楽しそうだし、こちらの方が今時っぽい感じがします^^

 

せっかくならコスパの高い服の色を選ぼう!

七五三用にせっかくスーツを買っても、女の子なら3歳と7歳。男の子なら5歳の一度きりで終わってしまいますよね。

なので、せっかくなら幼稚園や小学校の入園式&卒園式にも着まわせることを考えた上で色を決めた方が良いです。

ちなみに、私はアイボリーがNGだったのでライトグレーのノーカラージャケットにしました!

 

入園式(入学式)はアイボリーのスーツのイメージが強いですが、コサージュを華やかにしたり、アクセサリーにワンポイントを加えたりするだけでもだいぶ印象違いますからね。(後日談として、入園式にグレーのスーツはわんさかいました。)

それにお店の人曰く、将来子供が受験をする時の親子面接などでも活用できるとのこと。落ち着いた色のスーツは印象が良いそうです。(多分、受験はしないけどw)

 

★まとめ★
・子供の着物と同じ系統のスーツは選ばない
・最近はノーカラージャケットを選ぶ人が多いが、完全に好みの問題
・できるだけ長く着まわせる色のスーツを選ぼう!

 

七五三や入園式用のスーツは、夏過ぎにならないとコーナーとして設置されません。(=早めに見ても種類が少ない)

結局間際になって買うケースになってしまうので、早めに色や形だけでも検討しておくことをオススメします。

また、もしギリギリになるのが嫌でしたらamazon楽天などのネットで買ってしまうのもアリだと思いますよ!

ずっと写真に残るイベントだからこそ、納得のいくスーツを探してみてくださいね。

スポンサーリンク





この情報をシェアする

ABOUTこのブログを書いてる人

あや

3才の娘を持つ34才あやです。 無理はしないで楽しみながら!をモットーに、日々いろんな美容法を調査⇒実際に試したりしています♪ 目標は、将来娘が自慢できるようなきれいなママになること!