産後のぽっこりお腹が戻らない!育児中でも簡単にできる引き締め方法

子供が産まれた今、全然戻らない【ぽっこりお腹】に悩んでます(T_T)

「子供が産まれたらすぐにお腹ぺったんこになるよ~」「母乳あげてただけで戻ったよ」なんて言ったの誰!?

全然戻らないんだけど!?

というか、むしろ授乳中だから食欲がありまくって、気付けば間食しまくっちゃってるんですよね~。

ついに、この間電車に乗ってたら妊婦と間違われて席を譲られた。。。

何で譲られたのか、意味を理解するのに時間かかったよ。笑

とにかく今は、お風呂で自分の姿を見るたびにため息が出てしょうがない!ので、産後のお腹を引き締めるためできること、しかも育児をしながらでもできる方法を調べてみました。

 

スポンサーリンク

産後のお腹はいつまでに戻る?アンケート結果

ちなみに、実際に元の体型に戻ったっていう期間は人によってほんとバッラバラ!

ネットを見てみても

10キロ増えましたが半年くらいで戻りました。
13キロ増えましたが、1ヶ月で元に戻りました。
8キロ分が元に戻るのに約3ヶ月かかりました。

と、正直これだけじゃ参考にならないんですよね~。

なので、次に【産後のお腹に関するアンケート調査】を調べてみたところ、こんな興味深いデータが!

sa

(引用:https://xn—–x73as59kg7qqt3aybsr13a.jp/)

これは出産して1年以上経った人100人にとったアンケートなんですけど、これを見てみると半数以上の人が「6ヶ月以内」に元に戻ってると答えてるんです。

「産後半年は痩せやすい」というセリフを聞いたことあったけど、まさにその通りってことですね!!

ただ、裏を返せば体型が戻るまでに半年以上かかっている人も約半数いるってことです。

中には「11ヶ月以上」と答えた人もいますし、またアンケートの問題自体が「戻るまでにかかった時間」なので、まだ戻し途中の人は回答していないと思うんですよね。

なので、個人的には半年以上かかってる人の方が圧倒手的に多いんじゃないかと思ってます。

ちなみに、産後子宮が元に戻るのに大体1ヶ月、骨盤が元に戻るのに大体3~4ヶ月かかると言われてるので、最低半年以上かかるのはある意味自然なことなんですよ!

 

 

 

ぽっこりお腹を引き締める方法

ところで、体型を元に戻した人って実際どんなことをしたのか?って気になりますよね!

実際に調べたところ、やはり多いのが「運動」そして「食事管理」でした。

運動と言っても、育児をしながらなので

  • 毎日腹筋を10~15回をした
  • 子供を抱っこしながらスクワット
  • 自転車に乗って少し遠くまでお買い物

というものが多かったです。

これならちょっとした時にできるので意識してできそうですよね!

そして食事については、やはり和食中心が定番になります。

ちなみに私は最近、必ずサラダを全部食べてから他のおかずを食べるという食べ方をはじめたのですが、この方法だとおかずがちょっとで済むので結構おすすめですよ!(私の経験上、から揚げも2個でお腹いっぱいになりました)

ただ、母乳育児中のママはしっかり炭水化物を摂る必要があるので、くれぐれも炭水化物抜きの食事はしないようにしてくださいね!

どうしても小腹が空いた!!という時は、下記記事に書いてあるおやつがおすすめですよ!

糖質制限で健康&キレイに!食べてもいいコンビニおやつ&補食は?

スポンサーリンク

「運動」「食事管理」と同じくらい重要なのが「骨盤矯正」

産後のお腹を戻すためには、適度な運動と食事管理はとても大切です。

でも、それと同じくらい、いえ、それ以上に大切なのが「骨盤矯正」なんです。

骨盤矯正をすべき理由&始めるのに最適な時期

先ほども言いましたが、骨盤は産後3~4ヶ月で元に戻ると言われてます。でも、実は産後半年ほどってホルモンの関係上、骨盤がすごく不安定なんです。

その間にふとしたことで骨盤が歪んでしまうと、きちんと元に戻らなくなって、例え「体重」が戻っても「体型」が戻らなく(&太りやすく)なってしまうこともあるのです。

なので、骨盤矯正を始める時期としては、生後2ヶ月~半年までがおすすめ!(産後半年すぎると骨盤が硬くなって、歪みを簡単に治すことができなくなってしまうそうです。)

とは言え、もちろん半年過ぎてからでも矯正は十分に可能なので、ぜひ今すぐトライしてくださいね!

 

骨盤を矯正する2つの方法

動画サイトで学ぶ

最近は動画で詳しく矯正のやり方が分かるので便利です。

これは妊娠&育児サイトの「ベビカム」公式の動画なんですけど、結構簡単なので自宅ですぐに実践できるものになっています。(体操は1分08秒から始まります。)

 

骨盤ベルトや骨盤ガードルを身につける

そしてもうひとつの方法が「骨盤ベルトやガードルを身につける」方法です

骨盤ベルトと言えば、トコちゃんベルトが有名ですよね。

つけるだけで骨盤が安定するので、腰痛対策として使ってる人も多いです。もちろん私も持ってます!

多くの助産師さんもおすすめしているベルトなので、効果は抜群ですね。

ただ、中には「ベルトがずれてしまう」「お腹が圧迫される」といった声もあるので、そういった人には「骨盤ガードル」を履くことおすすめします。

中でもおすすめは、こちらの骨盤ベルトと一体化されている骨盤ガードル。

産後の骨盤矯正に!楽天ランキング第1位の骨盤ガードル「ビューティーシルエット」


ガードルと言ってもストッキング並みに薄くて伸びもいいので、履いていて「しめつけ感があってキツイ」ということがありません。

ちなみに知り合いのママは体操はしていなかったのですが、この骨盤ガードルを履いて3~4ヶ月で元の体型に戻ったそうです。

時間がなくてなかなか運動できない!っていう人は、こういった矯正サポートグッズを活用するのも一つの手ですね。

 

育児効果で自然と痩せていくこともある

いつまでたってもなかなかお腹が戻らない・・・と悩んでいる人でも、その後の育児で自然と痩せていく可能性は十分にあります。

というのも、私もそうだったのですが、育児をしていると

  • 子供が動き回るようになり、後をついて行かないと心配(結果、一緒に動き回るはめに)
  • 子供が毎日公園に行きたがり、外出の機会が増える
  • 規則正しい生活を強いられるようになり、夕飯の時間も自然と早くなる
  • 子供に合わせて、自分も栄養バランスが取れた食事を摂るようになる

と、すごく「痩せやすい」生活になるんですよね。

もちろん、その合間にカロリー高いお菓子をドカ食いしたり、毎日車で移動・・・といったことではなかなか痩せることはできませんが、実際に「何もしないで育児してただけで体型戻った!」って人も多いです。

なので、今は育児に手いっぱい!という人も、諦めずにゆっくり育児と向き合うようにしてくださいね。

 

★まとめ★
  • 産後ママの約3割はぽっこりお腹に悩んでいる
  • 適度な運動や食事改善はできるだけ取り入れよう!
  • 中でもおすすめは「骨盤矯正」!骨盤体操や骨盤ベルト&ガードルで自宅で手軽に実践しよう!

 

あまり無理しない程度に、どうせなら楽しみながら(ストレスを感じずに)実践してみてくださいね!

スポンサーリンク





この情報をシェアする