幼稚園の送り迎えは適当な服装&すっぴんでもOK?3年間毎日通って分かったこと。

幼稚園の送迎って、変に神経使いますよね。

特に、入園したてだったりいつもバス通園だったりすると、園まで送迎をする時に

「どんな服装で行けばいいんだろう?」
「さすがにすっぴんじゃまずいよね…?」

などと色々気にしてしまうことって少なくないと思います。

実際、私も幼稚園に入りたての頃は毎日のように気にしていました。

でも、3年間毎日通い続けて分かったのは「適当な服装、何ならすっぴんでも全然問題ないじゃん!」ということです。

スポンサーリンク

ぶっちゃけ、送迎の服装なんて何だっていい

もちろん、通う幼稚園によってカラーは全然違ってくると思います。

  • 私立幼稚園か区立幼稚園か
  • お受験幼稚園かそうでないか

園児がたくさんいるマンモス幼稚園や、1クラスしかない少人数の幼稚園かでも雰囲気がだいぶ変わってきますよね。

もし、幼稚園で服装の指定などがあれば(ジーンズNG等)、それは最低限守らなければいけません。

でももしそういった決まりがない場合、基本的にはあなたがいつも着ている服装そのままでいいんです。

だって、幼稚園の送迎って毎日のことじゃないですか。

いくら最初に頑張って自分を着飾っても、それを【3年間】【毎日】保つのってものすごく大変じゃないですか?

私の友人は、最初こそキレイ系の洋服で幼稚園に来ていましたが、夏休み明けくらいからTシャツにジーンズの頻度が増え、気が付けばスカートは全く履かなくなっていました。

仲良くなってから理由を聞いてみたら「途中からめんどくさくなった」と言ってました。笑

そりゃそうですよね。

周りの評価も大切ですが、結局一番大切なのは「3年間送迎をする自分」です。

必要以上に頑張って結局続かないのなら、最初から好きな洋服を着て「自分」を出して行った方が最終的にあなたのためになりますよ。

あなたが思うほど周りはあなたの服装を気にしてない

「もし自分だけ服装が浮いてたらどうしよう?」
「変な恰好して誰かに何か言われたらどうしよう?」

と、つい周りの目を気にしてしまうかもしれません。

でも、残念ながら(?)周りはあなたが思うほど、あなたの服装を気にしていません。

実際私が3年間娘を通わせた幼稚園では(1学年2クラスほどの私立幼稚園)、他のママの服装について悪口を言っている人は1人もいませんでした。

少なくとも、私が仲良くしていたママはみんなそんな事気にしていませんでしたね。(私は3年間役員をやっていたのでほとんどのママと知り合いでした。)

関連記事幼稚園の役員を実際にやって見て「大変」以上に得た2つのメリット

かくいう私も、他のママの服装なんて全然気にしたことないです。

正直、朝話したママ友でさえどんな服装だったか思い出せなかったりします。笑

結局、服装なんてその程度なんですよ。

明らかに「蛍光黄色」とか「超・ミニスカート」といった奇抜な恰好でない限り、どんな服装を着てもそこまで強く印象に残らなくて終わってしまいますね。

他人の評価ほど当てになるものはない

もちろん、中には他のママの服装についてああだこうだ言う人もいると思います。

でも、そういったママって圧倒的に少数派で、しかもそういうママに限って服装以外にも何か見つけてはヒソヒソと話題にして盛り上がってたりしてるんです。

私は、そういった人たちを「ヒマな人」と呼んでいます。

ただでさえ毎日忙しいのに、そんなヒマな人を相手にしている時間なくないですか?

それならば、その他大勢の健全なママと友達になってポジティブな話をした方が100倍有意義ですよね。

しかも、そういう見た目だけで悪口を言うママたちに限って、実際に話してみて少しでも印象が良かったりすると

「意外とあの人良い人だよね~」

と意見がコロッと変わったりするんですよ。

そんな人たちの意見をいちいち真に受けて一喜一憂しているなんて時間の無駄以外の何物でもないです。

スポンサーリンク

 

それでもどうしても周りの目が気になる時の有効な対策

「誰に何と言われようが自分の好きな服装にすればいいんだよ!」
「コソコソ言う人のことなんて気にする必要ないんだよ!」

と言っても、どうしても周りの目って気になってしまいますよね。

そんな時に有効なのが、普段の送迎の服装とそれ以外とで「メリハリをつける」ということです。

たとえば、普段はテキトーな恰好でも、参観日や観劇会などのイベントの時にしっかりメイク&きちんとした服装をしているだけでも印象が全然違ってきますよ。

ちなみに私の友人は、幼稚園の送迎はかなりラフな格好で、かなりの頻度ですっぴん、雨の日には上下分かれた作業着のようなレインコートを着て送迎していました。

でも、参観日や観劇会などのイベントの時はしっかりメイク&キレイな服装でかなりオシャレな服装を着てくることが多かったので、普段のすっぴんの彼女を見ても「ださい」なんて一切思わなかったです。

むしろ「あんなキレイな一面もあるのに、普段全然着飾ってなくて何かいいな。」と好印象さえ持ってしまいましたよ。笑

毎日頑張って服装に気をつかうのは疲れてしまいますが、ここぞ!という時にキレイな恰好をするなら無理なくできますよね。

 

まとめ

私は娘が幼稚園に入りたての頃、周りの目を気にしてばかりいている毎日が苦痛でした。

でも、気にするのを辞めた瞬間から心がスーッと楽になって、純粋に幼稚園生活を楽しむことができるようになりました。

キレイな自分でいることも大切ですが、それよりも「ストレスを抱え込まないこと」の方が何倍も大切です。

※ストレス抱えながらキレイを着飾っても結局キレイにはなれません。

関連記事育児のイライラ解消法!ストレスの蓄積は一気に老ける原因に

毎日笑顔で幼稚園生活を送るためにも、必要以上に周りの目を気にせず、自分らしく過ごすようにしてくださいね。^^

スポンサーリンク





この情報をシェアする