【動画付】今すぐ自宅でできる!ほうれい線を予防するための簡単マッサージ法

最近、「私ももう若くないんだな~」って感じた出来事がありました。

こないだ久しぶりに友達(同い年)に会ったんですけど、口の横に両方、くっきりとほうれい線ができてたんですよね。

しかも笑ったらファンデでくっきりほうれい線の跡が残ってて、余計目立ってて。。。

正直それまで「まだ30代なんだし、ほうれい線はなんてまだまだ先のこと!」なんてタカをくくってた私ですが、「私ももう、いつできてもおかしくないんだな~」としみじみ感じてしまいました。

友人には悪いですが、あんな風にはなりたくない!ので、やっぱり今のうちからできる限りこと(予防)はしっかりとしておきたいです。

スポンサーリンク

ほうれい線ができやすい人の特徴

変な話、しみとかニキビ跡ってファンデ―ションを塗れば多少隠れるけど、ほうれい線って隠すことができないですよね。

だからその分厄介なほうれい線なのですが、実はほうれい線って「できやすい特徴」というものがあるということが分かったんです。

どれくらい当てはまるか、チェックしてみてくださいね!

□ 丸顔や、頬の肉が柔らかい人
□ パソコン作業が多い人
□ 気が付くと口が半開きになってる人
□ スマホの見過ぎで目がお疲れの人
□ 顔に付いた枕やシーツの跡がなかなか消えない人
□ 頭皮を動かしてみても、顔の皮膚が動かない人
□ 紫外線をたくさん浴びる環境にある人
□ 乾燥肌の人

(参考:https://point-g.rakuten.co.jp/ )

いくつチェックがつきましたか?

ちなみに私は6つでした。8つのうち6つも当てはまるなんて、結構ヤバいですよね。(笑)

それぞれの解説を簡単にすると、

  • 丸顔や、頬の肉が柔らかい人 → 頬の筋肉が元々少なく、そのまま頬の筋肉が下に落ちやすい
  • パソコン作業が多い人 → 前かがみになって頬がたみやすい
  • 気が付くと口が半開きになってる人 → 筋肉が衰えやすい
  • スマホの見過ぎで目がお疲れの人 → 顔の筋肉が固まりやすい
  • 顔に付いた枕やシーツの跡がなかなか消えない人 →顔の筋肉が固くなってる証拠
  • 頭皮を動かしてみても、顔の皮膚が動かない人 → 同じく顔の筋肉が固くなってる証拠
  • 紫外線をたくさん浴びる環境にある人 → 肌のハリや弾力が失われやすい
  • 乾燥肌で悩んでる人 → 同じく肌のハリや弾力が失われている可能性

ということらしいです。

そしてそれらが結局「筋肉のたるみ」に繋がって、そこから「ほうれい線」ができてしまうのです。

ちなみに、普段の生活であまり笑っていない人もほうれい線ができやすいんですよ!

笑うとシワが増えるといった考えも、実は大きな間違いなんです。

・笑顔の効果は「肌」にも!笑いと老化の意外な関係

また、同じ環境でも「性格」によって一気に老けて見えてしまうこともあるので、こちらも注意してくださいね。

・若いのに異様に老けて見える友人、原因はその性格にあった

 

スポンサーリンク

ほうれい線を予防&改善!超簡単なマッサージ法

上記のチェック項目を見て、

私もかなり当てはまった・・・。ほうれい線ができやすいってことか~。

という方も少なからずいると思います。

でも大丈夫!

実は、自宅で簡単にできて、かつ毎日続けることでほうれい線の予防になるという画期的なマッサージ法があるんです。

いきなりの画像インパクト大ですが。笑

やり方を簡単に説明すると、

  1. 口を縦に大きく開ける
  2. 口を開けた状態で、口の上の部分を前歯にぐっと押し付けて前に突き出す
  3. その状態でほうれい線の部分を人差し指で軽く叩いていく
  4. 上唇付近に力を入れて、そのまま30秒維持する

これを、できれば朝晩の2回行うと効果的です。

ちなみに、この方法はすでにほうれい線が出来てしまった人でも効果があるとのことなので、少しでも気になり出したらぜひ実践してみてください。

これだったらテレビ観ながらでもできるのでいいですよね!ちなみに私は夫のいない時に、ソファーに横になりながらやっています。笑

そしてこのお陰かどうか分かりませんが、あれだけチェック項目があったのにもかかわらず今のところほうれい線はできていませんので、このまま続けていこうと思ってます!

なお、私はまだ試していませんが、ネットではこの商品がかなり売れています。

こちらも顔筋に沿って軽くなぞるだけなので、簡単にできますね!

 

★まとめ★
・できてしまったほうれい線は隠すことができないからこそ一気に老けて見られてしまう!
・自宅で毎日マッサージするだけでほうれい線の予防につながる
・すでにほうれい線ができてしまった人にも効果的!

 

何事もそうですが、毎日続けることが何よりも大切です。

例えば「朝ごはんを食べ終わったら毎日やろう!」とか「お風呂に入った後にやろう!」などと時間を決めて、自然に生活の一部として取り入れるようにしてくださいね。

ローマの道も一歩から、ですよ!!

スポンサーリンク





この情報をシェアする