2歳用のハロウィンお菓子「かぼちゃクッキー」を手作りしてみた

10月と言えばハロウィンですね!

私は10代の時に(アメリカ留学中に)仮装して近所を回った思い出はありますけど、それ以来特別なにもしていませんでした。。。

でも、気付いたらもう娘はお菓子大好きっこだし、イベントごとも喜ぶ年齢になったので(2歳)、今年は何かハロウィンらしいことやりたいなーと計画中!

当日は何をするか決めてないけど、でもとりあえず何かお菓子は手作りしてみたい(思い出にもなるし)!ってことで、早速作ってみることにしました。

スポンサーリンク

ハロウィンと言えばかぼちゃ!これがまた美容に最適なんです

c0909b923759272d1144bf19e78c2fd5_s

ちなみにアメリカでハロウィンをやった時は、かぼちゃを食べた記憶がありません。

かぼちゃはみんなでワイワイくり抜きましたが、あれって食用じゃなくて観賞用なんですよね(^_^;)

なので、ハロウィン終わったらみんなまとめてポイしてました。

でも、実はかぼちゃって「アンチエイジング野菜」って言われるくらい若返り効果バツグンなので、このイベントを機に絶対食べた方がいいんですよ!

というのも、かぼちゃは野菜の中でも断トツにビタミンが含まれているのですが、その中でも特にBカロチン(ビタミンA)がとっても豊富なんです。

Bカロチンっていうと、免疫力が高まるとか抗ガン作用があるといったことでで有名なんですが、それだけじゃない!

体の酸化(いわゆる老化ですね)を防いでくれるので、肌や髪を若々しく保ってくれるとっても有難い成分なんです。

それに加えてかぼちゃには通称『若返りビタミン』って言われてるビタミンEもたっぷり含まれてるので、まさにアンチエイジングにはうってつけの食材なんですよ!!

ビタミンEの効果的な取り方!肌に塗るとしみは消えるのか

かぼちゃの種は栄養抜群!カロリーや効能、ひまわりの種との違いは?

 

2歳でもモリモリ食べられる&美容にも最適なお菓子を作りたい!

そして、調べていくうちに分かったんですけど、どうやらかぼちゃに含まれるビタミンA(Bカロテン)もビタミンEも、『脂溶性』といって油に溶けやすいビタミンなので、油と一緒に調理すると体内への吸収が進むんだそうです。

なので、せっかくなら油を使ってかぼちゃのお菓子を作りたい!

と思って調べたら、まさに素敵なレシピを発見しました♪

☆簡単かぼちゃクッキー☆

【材料】
かぼちゃ 40g
砂糖 20g
サラダ油 20g
薄力粉 50g

1.かぼちゃをレンジでチンして皮を除いて潰す。
2.オーブンを170度で余熱。
3.かぼちゃのボウルに砂糖とサラダ油を加えて混ぜる。
4.薄力粉も加えて混ぜる。
5.3cmくらいの楕円形に丸め、少し潰す。
6.取っておいたかぼちゃの皮を三角に切り、頭に刺す。
7.目はお箸、口はスプーン等で描いていく
8.成形できたら170度のオーブンで15分焼いていく。

(参照:クックパッド

 

こうやって手順を書くと難しそうに見えますが、実際にやってみると簡単にできそうです。

これなら油も使うし、クッキーなら娘も大好きだし良さそうですね!

スポンサーリンク

実際に、2歳の娘と一緒に作ってみました。

 

IMG_1210-1024x768-compressor

かぼちゃと小麦粉をまぜるところは娘にやってもらいました。

そして、顔は目はお箸でチョンチョン、口はスプーンでグイーッと、そこに小さい三角に切った皮をちょこんと乗せて完成です!

これなら型なしで簡単に作れるし、なにより2歳の娘がものすごく楽しそうに作ってたので見てて幸せ気分でしたよ~。

ちなみにオーブンに入れる前のものがこちら。

IMG_1211-1024x768-compressor

 

そして、完成したクッキーがこちらです。(娘、なかなかの力作です!)

IMG_1212-1024x768-compressor

 

食べてみたら、ほんの~り甘くて、サクサクというより柔らかぁいクッキーという感じ!

2歳の娘が嬉しそうにむしゃむしゃ食べる姿を見て何だかほっこりしちゃいました(*^^*)

 

まとめ

はじめは子供のためにっていう目的でレシピを探してたんですけど、意外にも美容に最適&予想以上に簡単で安い、そして美味しい&楽しい!

そんな、最終的にすごくお得なレシピに出会えて大満足です♪

お子さんがいる人にももちろんおすすめですけど、自分用に作ってハロウィン楽しみたい人も、かぼちゃで最大限きれいを手に入れたい人もぜひぜひおすすめですよ~!

スポンサーリンク