30代の一重女子向け!腫れぼったいを卒業するおすすめメイク方法

先日、何気なく見たネットの記事で「老けて見える女性の特徴」について、ずばり【20代の頃からメイクが変わらない人】と書いてあるのを発見してしまいました。

はい、まさに私のことです。もうすぐ34才になるのに20代の時に使ってたアイライナーやマスカラをそのまま使ってるし、メイクの方法もまるっきし同じ・・・。

私としては「これが一番自分に合うメイク」かなと思ってやってたんですけど、ずっと同じって老けて見えるんですね~。汗

ただ、だからと言って雑誌やテレビでメイク法見ても、そのほとんどがぱっちり二重なので参考にならないです。(私、がっつり一重です。)

しかも、一重メイクのページに行っても結局載ってるのは「多部ちゃん」「りょう」「吉高由里子」・・・って、それ全部『奥二重ですから!』みたいなね。

なので、今回はピンポイントに、30代の「がっつり一重」の私みたいな人が参考になるようなメイク方法を調べてみました!

スポンサーリンク

20代メイクを続けると「異様に老けて」見えるワケ

正直、今回記事を読むまでは自分のメイクに何の疑問も持ってなかったですし、自分で(もちろん)老けて見えるとか思ったことありませんでした。

でも、たしかに最近は黒のリキッドアイライナーがうまく決まらなかったり、チークが妙に浮いて見えるなーって思う時があったんですけど、今思えば既に「合わなくなってきてた」のかもしれません・・・!

ちなみに、20代メイクが突然似合わなくなってくるのは「(メイクはそのままなのに)肌の状態が変わってくるから」なんだそうです。(要するに、老化ってやつですね)

また、30代になってできてしまったシミやほうれい線を「今までと同じメイク+コンシーラーやパウダーを塗りたって隠す」という方法をしているので、余計違和感ありな顔が出来上がってしまいます。

特に30代後半に差し掛かると老化が目に見えて分かるようになるので、早い段階から「30代ならでは」のメイクにチェンジした方がいいってことなんです。

 

一重の女性におすすめのアイメイク

ファンデとかチークもすごく大事ですけど、やっぱり一番気になるのは「目元」ですよね。

なので、今回は「アイライナー」「アイシャドウ」「マスカラ」のそれぞれについて調べてみました。

アイライナー編

まず大前提として30代のメイクで気をつけなくてはいけないのは「あまり派手にやり過ぎないこと」

アイライナーで目を囲んだり、カラコンやつけまつげをすることから卒業するのはもちろん、アイライナーもできるだけナチュラルメイクに見せるために「黒」ではなく「茶色」を選んだ方が柔らかい印象になります。

ちなみに二重さんの中には、30代になってアイライナーを「細く書くようになった」という人が多いのですが、がっつり一重だと細く書くとほとんど見えなくなってしまう恐れがあるので、少しでも目元を強調させるには少し太目(5mmくらい)に塗るのがおすすめです。

アイシャドウ編

そしてアイシャドウなんですが、暖色系(ピンクとかオレンジとか)は余計腫れぼったくみえるからNGってよく言われますよね。

でも、あれってまぶた全体にそのまま塗ってしまうからそう見えるのであって、はじめにブラウンアイシャドウを塗って、暖色系はあくまでも「アクセント」的な扱いで塗ると腫れぼったくならないんです。。

ちなみにその良い例が、多部ちゃんがCMしてる「オーブクチュール」のアイシャドウ!これ、結構評判いいですよね。

順番通りにただ塗ってくだけなんで簡単ですしね!

私自身、ピンクは怖くて避けてたんですけど、たしかにこれなら試してみたいなーって思ってます。

マスカラ編

そして最後の仕上げはマスカラです。

がっつり一重の人は、比較的まつ毛が短く見えがちになってしまうので、ボリュームタイプのマスカラよりも、ロングタイプのマスカラを選んでみてください。

ちなみに私が今愛用しているのはこちらのマスカラです。

それに加えて、日頃からまつ毛の「育毛ケア」をするのもオススメです。

目元もまつ毛もケアできる「目元とまつ毛のご褒美」

 まつ毛を伸ばすためには、その「土台」となる目元の環境を整えることが何より大切です。

このアイクリームは目元とまつ毛の両方に美容成分を浸透させる&血行を良くしてくれるので、まつ毛が成長するのにぴったりな環境を整えてくれます。

実際に、このアイクリームを使い続けた人のまつ毛を見ると明らかに違いが出てますよね!

(※効果には個人差があります)

まつ毛自体が伸びれば、同じマスカラを塗っても印象が全く違ってきます。

もちろん、つけてすぐに効果が現れるものではありませんが、毎日ケアをするとしないとでは雲泥の差が出てきます。

まつ毛の細さや長さに悩んでいる人は、ぜひまつ毛の「育毛ケア」も試してみてくださいね。

「目元とまつ毛のご褒美」公式ページ

【補足】目元以外のメイク注意点

一重まぶただと、つい目元メイクばかりに気を取られがちですが、チーク&リップもちゃんと塗ることによって目元に目がいきにくくなります。

ちなみにチークは肌に合う色を適度に入れて、サッとハイライト入れてあげると透明感が出ておすすめですよ!

まとめ

最近は手っ取り早く二重の整形をする人も多いですが、私は何だかんだ言って一重ってそこまで嫌いではありません。

目と鼻の整形その後 老化が早くなるは本当?

メイク次第でも十分かわいくなれるしね!

色んなメイクを試して、二重にはない「一重ならではのメイク」を楽しんじゃいましょう!

スポンサーリンク





この情報をシェアする