これで焼けない!日焼け止めのおすすめ塗り方 簡単5ステップ!

みなさん、日焼け止めを買う時ってSPFいくつの日焼け止めを使ってますか??

私は最近ずっとSPF10とか15を使ってます。

昔はずっとSPF50を使ってたんですけど、「50はサマソニ行く時くらいのレベル」ってことを知って、あまり使わないようになりました!

でも、実は日焼け止めって正しい使い方をしないとSPF50でも【10程度】の効果しか発揮しないということが発覚。。。

1/5!?てことは、SPF10使ってたら効果はほとんどないってことΣ(゚д゚lll)??

個人的にかなりショッキングだったので、これを機に正しい日焼け止めの塗り方を調べてみました。

そしたらびっくりー!見事にちゃんと塗れてなかったー(笑)

みなさんも、真夏に失敗しないためにも今のうちにぜひこれから私がおすすめする塗り方で塗ってみてくださいね☆

【スポンサーリンク】

日常生活はSPF10前後で十分!

以前書いた日焼け止めのSPFについての記事では、私はSPF10前後をおすすめしました。

※SPFの数値それぞれに適した環境グラフも載せてます。

日焼け止め、SPFは同じでも値段が高い(安い)の違いは何?

2015.06.13

なぜなら、

  1. SPF50は肌への負担が大きいから!
  2. 買い物程度だったら、低いSPFの日焼け止めを小まめに塗った方が日焼けにも肌にもいい!

 

でも、これには【補足】があって、(ただしきちんとした塗り方をすれば!)だったんですよね。。。(これが重要ですよねゴメンナサイ><)

じゃあ、きちんとした塗り方ってどんなの?ってことになるんですが、これまたいくつかポイントがあるんです。

 

塗る量は500円玉2枚分!

みなさんは、日焼け止め塗る時に度にどのくらいの量つけてますか?

私は小豆2~3個分くらいを顔全体に伸ばしてましたけど、これじゃ駄目です。少なすぎました><

実は日焼け止めって「厚塗り」がキホンで、顔だけで500円玉2枚分くらいの日焼け止めを塗らないと本来の効果を発揮しないんだそうです。

500円玉1枚っていうサイトもいっぱいありますが、本来は2枚という声もあるので、今回は2枚で話をすすめます!

ちなみに、500円玉1枚でこのくらいなので、2枚となるとその倍ってことですよね。

139702383578471382228-compressor(引用:http://tebukuro.at.webry.info/201404/article_1.html

うん、結構多い笑。

でも、このくらい塗ってかなきゃダメってことなんですね~。はぁ~、今までは一体何だったのか、、、(´Д`)

ちなみに、この倍の量をただベタベタと塗っていくってわけじゃないです。

いくつか注意ポイント&塗り方の手順があるので、そこだけ気を付けてくださいね!

 

日焼け止めの塗り方注意ポイント!

絶対にゴシゴシしない!

これは洗顔も同じですよね~。肌って結構繊細なので、強くゴシゴシしちゃうと肌にダメージを与えることになります。

しかも、毎回ゴシゴシやっていると顔にシミやしわとかできちゃう可能性大!

なので、日焼け止めを塗る時はあくまでも優しく乗せる♪が基本です。

伸ばす時も優しく伸ばしてあげればOKです(*^^)v

 

デコルテまでちゃんと塗ること!

顔って言うとどうしてもあごから上だけで満足しちゃいがちですよね(^^;)。でも、デコルテ部分を忘れないでください~!

実はデコルテ部分って顔の皮膚よりも敏感で、元々シミやしわが目立ちやすい部分だと言われてるんです。

なので、日焼け止めを塗らないとますますシミやしわができやすくなる!

それじゃなくても、顔と首の色が違ったらやっぱり恥ずかしいですもんね。しかも意外と見られてるという。。。

なので、顔に日焼け止めを塗る時は一緒にデコルテも!が基本ですよ~!

【スポンサーリンク】

日焼け止めのおすすめ塗り方5ステップ

ここで紹介。焼けない肌を目指すための日焼け止めのおすすめ塗り方です☆

    1. まず使うのは500円玉1枚分!
      これをおでこ、頬、鼻、あご、そしてデコルテ部分にチョンと乗せていきます。asa-compressorこれだけ塗れば500円玉もあっという間になくなりますね~。

 

    1. 顔の部分の日焼け止めをそのまま優しく伸ばしていきます。この時は中指&薬指の2本か、プラス人差し指の3本がおすすめだそうです!

 

    1. デコルテ部分も伸ばしていきます。ここは指ではなくて手の「ひら」で!

 

    1. もう一度500円玉1枚分を出して、同じように顔&デコルテを塗っていきます。
      その時に、シミが気になる部分は重ね塗り!
      ちなみに鼻とか鎖骨は紫外線浴びやすいので、気持ち多めに塗った方がいいそうですよー!

 

  1. ファンデやパウダーをパフに乗せて、優しく肌に押さえます。
    これで日焼け止めが肌にフィットします!

 

⑤は、日焼け止めの後に化粧する過程でみんなやってるかもしれないけど、これもあくまでも「優しく」がポイントなんですね~。

たしかにこの手順でしっかりやったら、ちゃんと「日焼け止め塗ってる!」って実感できそう!!

ちなみにお化粧してる時は、ファンデの上から日焼け止めを塗って(拭き取ってが正解?)その上からまたファンデをするといいです。なのでお出かけの時はお化粧道具も必需品ですね!

 

まとめ

私は20代の時に日焼け止めをサボって、まんまと大きいシミができてしまいました。

なので、最近はほんと日焼け止めの重要性を痛感していて、冬でも雨でも毎日必ず日焼け止めを塗るようにしています。

※ちなみに今使ってるのはノンケミカルのこれ↓

手順はちょっとめんどくさいけど、でも効果ない塗り方してたら意味ないもんね。

後になってまたシミになるの嫌だし、できる限り(せめて出かける前は)この方法で塗っていくつもり!

みなさんもぜひ実践してみてくださいね(*^_^*)

 

【追記】

最近は、日焼け止めで塗り切れてない部分を内側からカバーするべく「飲む日焼け止め」のサプリを飲んでいます。

日焼け止めクリームのように大量に塗ったり、こまめに塗り直す必要がないので正直とっても楽!

飲む日焼け止めサプリを「ヘリオケア」から「ホワイトヴェール」に替えた2つの理由

2016.06.08

 

スポンサーリンク





この情報をシェアする