やば!化粧したまま寝ちゃった時に速攻すべき簡単3ステップ!

みなさん、今でも時々やってしまいませんか?「化粧したまま寝る」という行為を・・・。

肌に悪いってことは分かってても、疲れた時とか酔っぱらった時とかはついやっちゃうんですよね。

私も時々やってしまいますが、もう次の日の朝とかすごい後悔しまくりです。

特に30代になってから余計後悔の度合いが大きくなってきました。笑

でも、「つい寝てしまった・・・」という時でも、一晩ならまだ修復可能ですよ!

むしろその後正しいケアをするかしないかで肌への影響が大きく変わってくるので、忘れずに正しいケアを行ってくださいね。

スポンサーリンク

化粧したままで寝るとどうなる?

見た目も中身も一気に老ける

化粧をしたまま寝てしまうと、とにかく肌に良くないです。

巷では言われてることはたくさんありますが、聞いたものだけでも

  • 一週間洗ってない雑巾を顔に乗せてるのと同じ
  • 古くなった油をたっぷり乗った状態と同じ
  • 1ヶ月洗顔しないのと同じ
  • 10日老化が進む
  • 3歳老化が進む
  • 10歳老化が進む

と色々あります。

説によって日にちがバラバラですが、とにかく肌の老化が進む!見た目も老ける!ということ自体は変わらないですよね。

 

化粧したままだと肌の下で何が起きてる?

一生乾燥肌&肌荒れに!?

化粧をしたまま朝を迎えた時、ものすごく肌が乾燥した状態になっていますよね。

それは、化粧の粉末成分が肌の水分を奪っているからなのですが、でも実はその乾燥って一時的ではないんです。

というのも、化粧したまま寝る状態を続けていくと、どんどん肌質が変化して「乾燥肌」の持ち主になってしまうんです。

元々乾燥肌の人は、ますますひどくなってしまうというわけですね。

また、ファンデーションをずっと肌に乗せてると毛穴が詰まってしまうので、ひどい肌荒れの原因にもなってしまいます。

 

肌の上でダニが繁殖してしまう

それだけではありません。

実は、化粧したまま寝てしまうと、化粧アイテムに含まれる油分が顔の汗と混じり合ってダニにとっての住みやすい環境を作ってしまうと言われています。

これがどういうことか分かりますか?

そう、肌の上でダニが【繁殖してしまう】んですよ!

そもそも、ダニ(通称・顔ダニ)は普通にみんなの顔にいるんですけど、それは「適度」だから良いのであって、繁殖して増えすぎるのはもちろんNG。増えれば増えるだけ肌荒れやニキビの原因になってしまいます。

画像は敢えて貼りませんが、興味がある方は「顔ダニ」「ニキビダニ」で検索してみてください。なかなか気持ち悪くて、「絶対に顔洗おう!」ってなると思いますよ。笑

スポンサーリンク

うっかり寝ちゃった時の簡単ケア3ステップ

できるだけたっぷり保湿!

でも、どうしても疲れて寝てしまう時ってありますよね。

そんな時は、目覚めた朝に次の3つのことをすればひとまずOKです。

手順は、意外とシンプル!

  1. お風呂に入る
  2. クレンジングで化粧をきれいに落とす
  3. 化粧水&美容液でたっぷり保湿をする

最初に脱衣所で②をやってしまいがちなんですが、まずは①で閉じてしまった毛穴を開かせることが重要です。

朝時間がない時は、代わりに蒸しタオルをしても良いです。タオルを濡らして電子レンジでチン!なので簡単ですよね。

③の「化粧水&美容液でたっぷり保湿をする」は、できるならパックもした方が良いです。

要は、乾ききった肌にとりあえず潤いを与えること!これがとっても重要になってきます。

乾燥した分、普段の何倍も保湿に時間かけることが大切なんですね。

 

絶対にしてはいけないこと

逆に絶対にしてはいけないことは、化粧を落とさずにその上に化粧をすることです。

なぜなら、ただでさえ前日のお化粧で肌が酸化し、また雑菌が繁殖している状態なのに、そこに新たに化粧をしてしまうと間違いなく肌への負担が増えてしまいます。

肌荒れや乾燥肌も進んでしまうので、必ず一度化粧は落とすようにしてくださいね。

 

普段使うものも肌に優しいものを

ちなみに私は、いま「化粧したまま寝ても大丈夫」とうたい文句のミネラルファンデーションを使ってます。

それでもそのまま寝ないように気を付けてますが、万が一落とさずに寝てしまった!という時でも安心できるのでおすすめです!(少なくとも次の日のパキパキ乾燥から解放されます!)

エトヴォスのミネラルファンデを購入!付け方慣れればリピ決定!

2015.11.12

そして石鹸も無添加石鹸がおすすめです。結構さっぱりしてますが、こちらも肌に優しくて重宝してます。

シャボン玉石けんベビー用は大人洗顔にも最適!その理由は成分〇〇にあった

2017.11.16

 

まとめ

眠くてもだるくても面倒くさくても、頑張って脱衣所まで行って化粧を落としてから寝ること!

そして、もしそのまま寝てしまったとしたら、必ず正しいケアで対策すること!

小さいですが、この積み重ねで10年後に少なからず差が出てくると思いますよ。

スポンサーリンク