サザエさんが老けて見える理由が自分にも当てはまる事が判明

突然ですけど、サザエさんって見てて落ち着きますよね^^

私は昔は外出しても必ず18:30に間に合うように帰って、リアルタイムで見てたくらいサザエさんが好きです。

サザエさんと言えば、年齢の割にものすごく老けてること。(たしか24才。。。)

なんであんなにおばさん化老けてるんだろうっていつも思ってたんですけど、暇だったんでちょっと調べてみたら意外にも自分にも当てはまることがあってショックでした。。。

スポンサーリンク

サザエさんが異様に老けてる理由(みんなの声)

ちなみにネットで検索してみると、サザエさんが老けてる理由について色んな意見がありました。

その中でも最も多かったのはこれ!

当時の人達は、今の人に比べて老けていました。

今とサザエさんの時代は全然違いますからね。

うちの母の若い頃の写真とか見ても、私より若い頃の写真とは思えない老け顔してます。

そう!時代背景ってやつですね~。

たしかに昔の人は結婚が今より断然早いからその分落ち着くのも早いし(サザエさん結婚したのは20くらい?)。

時代も戦後だし、寿命も今より短かったし、そう考えると24才であれは年相応?

そう言われてみれば、確かに納得!

でも、多分理由って他にも絶対あると思うんですよね(笑)。

 

サザエさんが異様に老けてる理由(自己分析!)

というわけで、サザエさん見ながら自分なりに老けてる理由を自己分析してみました!

そしたら、意外にも自分にも当てはまるなぁって思うものが3つもあって若干衝撃です(笑)

 

①ずっと髪型が一緒&似たような服装を着ている

実際に、老け顔の特徴としてもこういう理由ってあるそうですよ~。

サザエさんの場合、髪型は同じだし、服装もいつも襟付き長袖にひざ丈のスカートが定番ですよね。

たまにワンピース着るときもあるけど、ほとんどないし。

パンツルックなんて見たことないし!!

もうちょっと色々アレンジしてみれば、断然今より若く見えると思うんだけどなぁ。

 

②昔流行りの髪型をしている

実は、サザエさんのあの髪型って、実は戦後に流行った髪型だって知ってました(笑)?

dada

まさにサザエさん(笑)!!!

ちなみに、名前は「モガヘアー」っていうそうです。

サザエさんの髪型ってかなり奇抜だと思ってたけど、実はみんなあの髪型してたってことなんですね~。

当時は「聖子ちゃんカット」くらい流行ってたのかな?

でも、今の時代からするとものすごく時代遅れで、24才の若々しさが感じられなくなっちゃってるという残念感!

サザエさんは髪をおろしてもすぐあの髪型にしちゃうし、多分これからもずっとあの髪型でいくつもりなんでしょうね。笑

 

③女を磨く努力をしてない

サザエさんって「きれいになりたい!」って言って色々試したりはするけど、結構3日坊主って多くないですか(笑)?

で、結局いつものスタイルに戻って落ち着くという・・・。

もう結婚して子供もいるし、夫のマスオさんは浮気するタイプじゃないから安心だし、日中はほぼ家か商店街の往復だし。

しかも実家暮らしでのびのび暮らしてる毎日だから、あんまり女を意識してない?気がするんですよ。

それに比べて、今の24才の女子って美意識すごく高いですもんね。

まぁこれも時代って言われればそれまでなんですけど、せっかくの24才がもったいないなぁってすごく思うんですよね。

スポンサーリンク

しかし決してこれをバカにできない事実!

でもふと考えてみると、私も結婚して子供ができてからは、昔みたいに「おしゃれ!」ってしなくなったなーって思います。

そりゃそれ以外にやること山盛りだし、お金も時間もないしでしょうがない部分もあるけど、でもそういうので老けて見られちゃうのもあるのかな?なんて思ったり。

美容院に行く頻度もグンと少なくなったし、服もワンパターン化してるし、今までサザエさんバカにしてたけど、自分も似たようなもんじゃんー!ってことに気付いちゃいましたよ(;´∀`)

てことは、もしかしたら私も周りから33才より上に見られてるのかなぁ?

そう思うと、もうちょっと外見に気を使わなきゃな~って改めて思いますね。

 

まとめ

サザエさんが年齢以上に老けてる理由をまとめると(自己分析含む)

・今とは時代が違うから

・髪型&服装がいつも同じだから

・いまだに昔流行った髪型をしてるから

・女を磨く努力をしてない(継続してない)から

ってとこで落ち着きました!

 

でもまぁ、サザエさんに限らず他のキャラクターもみんな老けてるんですけどね。。。(アナゴさん27才、信じられん)

たまには24才が垣間見れる瞬間とか見てみたいなぁ(*^_^*)

「ドラえもん」しずかちゃんのお風呂入りすぎについての記事はこちら!

スポンサーリンク