自分の笑顔の写真がブスで嫌!30代でも写真写りよくする4つのコツ

昨日、友達がfacebookに私との写真をアップしました。

タグ付けしたみたいで、私のところに通知が来たんですけど、写真を見てびっくり!

満面の笑顔の自分が、ものすごく変な顔に写ってました(T_T)(今すぐ投稿消してほしい。。。)

 

最近(30代になってから特に)、写真を撮られるのがすごく嫌です。

笑顔を作ってもブスに写るのが分かってるから、自分から進んでピースサインなんてできなくなっちゃいましたね~。(自撮りなんてもっての他!)

でも、これから家族写真も増えるだろうし、少しでも写真写りをよくするコツを知って、次からはそれを実践したいなって思います!

スポンサーリンク

笑顔がブスになる理由

10代とか20代の時に比べて明らかに笑顔がブスに見えるのって、やっぱり「老化」が原因かな・・・って思ってたんですよね。

もちろん、それが大きいとは思うんですけど(悔しいけどね)、でも、実はそれ以外にも理由があるそうなんです。

それは、30代の今は10代20代の時に比べて圧倒的に撮られる回数が減ってるということ!

写真を撮られることに慣れてないと、いざ写真を撮るときに変に笑顔を作ろうとして、どうしても不自然な感じになっちゃうらしいですよ。

 

なので、可愛く写りたいなら、まずは写真をたくさん撮って慣れることが第一歩☆なんですよー!

あとは、鏡の前で笑顔の練習をして、「これならいいかも?」っていう決め顔、角度を色々研究すると効果的なんですって。(アイドルはめっちゃ練習してるらしい笑)

そうすると笑顔もだんだん自然になるし、写真の自分の姿にも慣れて、そこまで「ブスで嫌!」「写真が嫌い!」ってならなくなるんだそうです。

じゃあ、実際に写真に写る時にはどうしたらいいか?についてちょっとしたコツをお伝えしますね!

 

実際に写真に写るときのコツ!

笑顔が可愛くなるコツ

いざ笑顔をするときは、あごをちょっとだけひいて、下の歯は見せずに、上の歯だけ出して笑うようにすると自然と可愛い笑顔になれちゃうそうです。

もうひとつ重要なポイントは、表情だけじゃなく『目』でも笑顔を表現すること!

たしかに顔が笑ってるのに目が笑ってないとちょっと怖い感じになっちゃうし、お世辞にも可愛いとは言えないですもんね。

 

優しい表情になるコツ

でも、目で笑顔を表現するのって結構難しいですよね。

でもそんな時は、大好きな人とか好きなものとかを思い出すといいそうですよ!

最近あった楽しかったこと、昨日笑ったバラエティ番組のこと、昔から大ファンの芸能人・・・♡

そういうことを頭に思い描いていると、気持ちがリラックスしていい笑顔になれちゃうんだそうです!

スポンサーリンク

目が大きく見えるコツ

これは私がいつもやりがちなんですが、写真を撮るときってついカメラ目線になっちゃうんですよねー。

でも、実はカメラって直視しない方がいいらしい!

まっすぐ見るとキツイ表情に写っちゃうこともあるらしいんで、目線はカメラの少し上にすると、目が少し大きく開いて可愛く写るそうです。

ちなみに、レンズ上くらいだったら実際の写真では普通にカメラ目線に写るらしいので問題ないです^^

 

小顔に見えるコツ

少しでも小顔に見せたいなら、手やグッズを顔の近くに持ってくると効果があるそうです。

例えば片手をほっぺに当ててみたり、何かその時に持ってるものがあったら、それと一緒に写る感じで!

飲み会なんかでは、飲んでるビールを顔の横に持ち上げて撮るポーズなんかもいいかもしれませんね(*^_^*)

大ジョッキならもっと小顔効果あってよさそう◎

 

旦那(30代男性)の意見(番外編)

これはあくまでうちの旦那の意見であって、一般論じゃないのかもしれませんが・・・

可愛く写ろうと頑張るより、めっちゃ楽しんで最高の笑顔の方が断然かわいい!

それが例え変に写ったとしても、そっちの方がすごい魅力的!

だそうです。

そうすると、今までの力説見事に覆っちゃいますね(笑)

でも、そういう意見もあるといういうことで、一応番外編として紹介しておきます!(でも、案外一理あるかも・・・)

 

まとめ

写真は慣れてなんぼ!

気に入らない写真があっても気にしないでどんどん撮っていったら、そのうち自分でも納得の笑顔で写真が撮れるようになりそうですね( *´艸`)

最近はめっきり(娘を)撮る側に専念してたから、今度一緒に写り込んでみようかなぁ。

自分の写真は嫌いだけど、家族写真はいっぱい欲しい☆

スポンサーリンク





この情報をシェアする