老化で顔が伸びる(長くなる)のはなぜ?今から対策して未然に防ぐ!

私は昔から結構芸能人のゴシップ記事をよく読むんですけど、最近特に気になるようになったのが「芸能人の劣化」記事。

劣化の記事はずっと前からあったけど、だんだん他人事じゃなくなってきたんですよね。。。

しかも最近はちょっとしたことですぐ「劣化だ!」って言われちゃうし、中には自分よりも若い人で劣化って言われてる人も結構います。

その中でも、昔に比べて「顔が伸びた」って言われてる人、コレ他人事じゃないです。

スポンサーリンク

顔が伸びる(長くなる)のカラクリ

老けると丸顔⇒面長になる?

ここ数年で「顔が伸びた」って言って騒がれた芸能人と言えば、思い当たるので奥菜恵さんとか夏帆さんあたりでしょうか?

でもこの2人、元は結構丸顔だったんですよね。

なので、なんで丸顔が長細くなっちゃうの?骨格まで変わっちゃったの?なんて一瞬びっくりしちゃうんですが、骨格自体は変わってません。

実は、顔が伸びる原因って一般的に加齢(老化)による「たるみ」だと言われてるんです。(ただ、彼女たちがそうだとは断定しませんよ。汗)

詳しく言うと、年を取るとだんだん表情筋が緩んできて、皮膚が下に垂れてくる、というワケです。

老けると「みんな」顔が伸びる?

しかも、衝撃的事実発覚です。

なんと、20代から60代までの40年間普通に生活してるだけでみんな「約3cm」も顔が伸びるそうです!

3cmって結構長くないですか。。。

ただ記事には40代から顔が顕著に崩れを感じ始めるって書いてあるので、30代の今からでもできる対策はしておきたいですよね。

安心してください。対策ありますよ!!

 

 

劣化は「鼻の下」が要注意!

ちなみに、さきほどの記事には顔のマッサージの仕方が書いてあります。ただ、そこには鎖骨とか口元、頬とかあっても、肝心の「鼻の下」がないです。

でも実は、顔が伸びる現象って特に「鼻の下の伸び」の影響が大きいんです。(劣化したって言われてる女優さんも、どちらかと言うと鼻の下が伸びてるように感じません?)

ちなみに鼻の下が伸びると、顔全体が伸びるだけじゃなくて

  • ぷるるんとしてた唇が薄くなる
  • 肌と唇の境界線が分からなくなる

という現象も起こってしまいます。

「第一印象は口元で決まる」って言うだけあって、口元がぼんやりしてしまうと締まりが悪くなってあんまりいい印象を与えられないですよね。

スポンサーリンク

鼻の下に特化した老化対策

「じゃあ鼻の下が伸びないようにするにはどうしたらいいの?」

鼻の下がまだ伸びてない今、できることは3つあります。

    1. 鼻の下を鍛える
      1.口を閉じて唇の両端を指で外側に引っ張る。
      2.その状態で、アヒル口をするように唇を突き出し、血行が良くなったと感じるまでそのままキープ。
    2. 唇のマッサージをする
      唇にリップクリームを塗って保湿をしたら、指で螺旋を描くようにクルクルとマッサージをする。
    3. 鼻呼吸をする

③は自然とできてる人がほとんどだと思うんですけど、①と②は意識的にしないといけないですよね。

②は簡単ですね。これって鼻の下に関係ないんじゃない?って思いますけど、これをすることによって「唇のふっくら感」がよみがえって、鼻の下が伸びるのを食い止めてくれる効果があります。

※唇のマッサージは血色も良くなるのでおすすめですよ!
参照:唇のふちが紫色に。。。!原因そして薄くなる改善方法を調べてみた。

ちなみに私もさっそく①をやってみたんですが、なかなか唇の色が変わらず結構苦戦しました。

そして、なぜか鼻の穴が大きくなるという現象!
これはひとりの時にこっそりやった方が良さそうですね(笑)。

 

まとめ

何事もそうだけど、「危機感」って「手遅れ」よりも100倍いいですよね。

私は大丈夫、まだまだ~♪なんて思ってる今だからこそ、日頃から習慣づけて対策しておいた方が絶対いいですよ!きっと、10年後の自分を少なからず左右すると思います。

テレビを観てボーっとしてる時なんかにぜひ実践してみてくださいね^^

スポンサーリンク