娘の幼稚園の服装と面接がかなり拍子抜け!むしろ浮いてた話

ab790a8daac71a847b41d7e9bc184d2d_s-compressor
11月1日は娘の願書受付⇒面接でした。

服装とか聞かれることとか分からなくて、「これで服装いいのかな?」とか「何て聞かれるんだろう!?」なんて心配してた私。
に、対して「めっちゃ楽しみ」とノーテンキな旦那(笑)。

でも、実際行ってみたらものすごく拍子抜けで、あっという間に終わってしまいましたー!

【スポンサーリンク】

気合い入れて着てったワンピースが、若干浮いた(笑)

当日は何を着ていったらいいのか分からなくて、無難な?きれいめワンピースで行ったんですけど、実際幼稚園に着いたらほとんどが普段着でしたΣ(・ω・ノ)ノ!

中にはジーパンのお方まで・・・ははは。私、浮いちゃってます(笑)(そして母親だけがほとんど)

 

ただ、私は父親(=旦那)がそこの卒業生で「優先枠」の時間帯に行ったので、周りは上に兄弟がいる人ばかり!つまり、今も毎日幼稚園に送り迎えで通ってる人たちなので、その流れで?ラフな格好になったのかもしれませんね~。

普通の一般枠だったら多分ワンピースとかスーツとかたくさんいたのかも!?

定員割れしてるんだから、どうせなら一般枠にすれば良かった~!なんて、つい思っちゃいました。。。(笑)。

まぁ、でも実際一般枠でみんなどんな服装だったか分からないので何とも言えないですけどね。特に指定がなかったから、やっぱり結局みんな普段着だったのかなぁ?

 

それはさておき、幼稚園の説明会の時は見知らぬ環境に大泣きしていた娘ですが、今回は一回も泣くことなく待合室で遊んでくれてて助かりました!(成長したなぁ・・・。)

そんな娘を横目に、親の私は質問事項の用紙に回答を記入。

普段のおむつの状況とか、会話はできるか?とか、みんなと仲良く遊べるかとか、そんな感じのものでした。

 

そしていざ面接!も、拍子抜け。

そして少しして番号が呼ばれて行ったんですけど、これまた予想していたものと全然違くて拍子抜けしちゃいました。。。

というのも、私は、何人もの先生がずらりと並んでいて、その前で親子3人が座って「THE・面接」をする!っていうのを想像してたんですね。

でも、実際はひとつの部屋にいくつかのブース?があって、それぞれに数名ずつ女の先生がいて、軽く会話して終了!

そう、面接というよりは、【世間話】で終わってしまった感じです(^^;)(こりゃ、普段着でいいわな。)

 

聞かれた内容も、さっき書いた紙のことを軽く聞かれただけ。

ただ、回答については、以前園長先生が

「面接で絶対に嘘はつかないでください。例えばあんまり喋れないのに「喋れます」とか嘘ついたり。

実際に4月からお世話をして、面接の内容と違うと戸惑ってしまう。喋れなくてもいい。おむつが取れてなくてもいいから、今の状況をありのままに教えてください。

みたいなことを言ってたんで、正直に色々お話しましたよ。

・日中はパンツ一枚で過ごせるけど、外出時はまだおむつが外せないこと。

・日中でも時々ギリギリまで我慢して、行く途中に漏らしてしまうことがあること。

・トイレはまだ一人で行けないこと。

・ピーマンをいつも残すけど、食べてと言ったらちゃんと食べてくれること。

・会話はできるけど、まだ何を言ってるか分からない時があること。

・公園で会った人と仲良くできるが、基本ひとりで過ごすことが多いこと。

などなど。

話しててちょっと不安だったんですけど、全然問題なさそうだったので良かったです!

【スポンサーリンク】

そして、娘は

「お名前は?」「何才ですか?」「この男の子がかぶってる帽子は何色か分かる?」「〇〇と✕✕、どっちが好き?」

といった事を聞かれていて、小さい声ながらも何とかちゃんと答えられることができました!(ホッ)

「いくつ?」⇒「3才!」は練習しましたからね。。。3才児検診がもう悲惨だったんで、あの後特訓頑張りました(笑)!

その猛特訓の甲斐あって?無事その場で合格証書をもらうことができましたー!

 

まとめ

ものすごく気合いを入れて行った面接ですけど、意外にもあっさり終わって、終始拍子抜けでした。

でも無事合格できて本当に良かった・・・!

そういえば、あんなに張り切ってた旦那が結局一言も喋らずに終わっちゃったなぁ。。。って、しばらく気付かなかったことは旦那には内緒です(笑)。

スポンサーリンク





この情報をシェアする