コラーゲンドリンクやサプリはどこまで意味があるのか?

コラーゲン入りドリンク、コラーゲンサプリ。コラーゲン入り食べ物・・・。

今もコラーゲン商品はたくさん売られていますが、一時期「コラーゲンは摂っても意味ないよ!」説が巷で広まりましたよね。

でも、その後に「でもやっぱりコラーゲンは一定の効果があるよ!」といった情報も流れて、正直どっちなの?と混乱した人は決して私だけじゃないはずです。笑

ちゃんとした効果が見込めるなら試してみたい!

でも、全然効果がないならお金のムダだから試したくない!!

何だかあやふやになっている「コラーゲン論争」ですが、改めてコラーゲン入りのドリンクやサプリって摂取してどのくらい効果あるの?(もしくは、ないの?)を調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

どうしてコラーゲン摂取は「無意味」だと言われてるのか

コラーゲンは、たんぱく質の一種です。

たんぱく質は、皮膚や筋肉を作り上げるだけではなく、肌のハリや潤いにも大きく関係してくるので美容にとっても欠かせない栄養素です。

そんなたんぱく質の実に「3割」がコラーゲンなので、コラーゲン自体美容効果が高いものには間違いないのですが、問題はその「吸収率」。

というのも、コラーゲンは口から摂取すると胃の中でアミノ酸やプチペドに分解されてしまって、再びコラーゲンになるかが未だ分かっていない。

つまり、身体の中でコラーゲンとしての役割を果たせていないで終わっている可能性があると言われているんです。

また、せっかくコラーゲンを摂取してもまず筋肉の修復など他の臓器に率先して使われてしまうので、肌への効果は期待できない、あっても極微量なのでほとんど意味がないという意見もあるんですよね。

そんな、身も蓋もない話・・・。でも、何だかやけに説得力あるな・・・。

でも、最近ではそんなコラーゲンの常識を覆す研究結果も出ているんです!

結果的に言うと、「コラーゲンの摂取は効果がある」と言っているようなものですね。

 

コラーゲンの摂取で肌の状態が良くなった!

これは、実際にそれぞれ30才以上、45~65才の人を対象に行われた実験です。

【内容】

  • 1日5gの魚鱗コラーゲンペプチドを4週間摂取したところ、30歳以上の被験者において角質水分量の上昇が見られた。
  • 1日5g、もしくは2.5gのコラーゲンペプチドを4週間摂取したところ、45歳~65歳の被験者のシワ改善がみられた。
    (引用:http://www.skincare-univ.com/article/010876/)

なんと、肌の水分量だけでなく、シワの改善まで見られてるんです。

ただ、ここで重要なのが、この実験で被験者が摂取したのが「コラーゲンプチペド」だということ。

コラーゲンプチペドは、コラーゲンと同じ「たんぱく質」なのですが、さらに分子量が小さく、身体への吸収率も高い非常に優れものです。

しかも、分子量が小さいのでアミノ酸に分解される前にそのままの状態で吸収されると言われているのです。

なので、コラーゲンを摂取する際は、分子量の小さい「コラーゲンプチペド」が配合されているものを選ぶ、というところが大きなポイントになりそうですね!

※ちなみに、数あるコラーゲンドリンクの中でも森永さんの「おいしいコラーゲン」はプチペドが10,000mgも配合されているのでかなりオススメです!

私は数年前に結婚式準備として数ヶ月飲んでいたのですが(その時はプチペドの存在をよく知らなかったのですが)普通においしいし、しかも肌にハリが出て、潤いもかなり実感できて大満足でしたよ!

▼森永「おいしいコラーゲン」▼

まとめ

まだまだコラーゲンに関しては「効果ない」「効果ある」と人によって意見がさまざまです。

でも、私は実際飲んで肌にツヤが出たし、肌が若干柔らかくなった印象を持ったのは事実なので、やっぱり「効果はある」を信じたいですね。

情報がたくさんで悩んでしまっている人は、まず1ヶ月試してみて、「自分の肌で」その効果を確かめてみるのが一番良いと思いますよ!

スポンサーリンク





この情報をシェアする