カゴメが認めた!コラーゲンを摂取しても意味ないは本当だった?

「コラーゲン入りドリンク」「コラーゲンサプリメント」・・・

アンチエイジングのために積極的にコラーゲンを摂っている人ってたくさんいるのではないでしょうか?

私も、結婚式の数ヶ月前はコラーゲンドリンクを毎日飲みまくってました!そしてキレイになってた気がしてた!

でも、コラーゲンって口から摂取しても効果ないって意見もありますよね?なので若干不安に思ってたんですけど、なんとあのカゴメさんが「コラーゲンは効果ない」と半ば認めたような発言をしていました。

【スポンサーリンク】

「コラーゲンの摂取は無意味」の内容とは

事の発端はコレ。

netgeekというサイトの記事なのですが、コラーゲン入りドリンクによく書いてある「うるおう」という文字について、消費者団体が企業(カゴメ)に「何がうるおうの?」と、具体的な説明を求めたらしいんです。

そしたら、企業からこんな返事が返ってきたそうです↓

koragen1

ズームアップ

kagome

なななんと、潤うのは「肌」じゃなくて「喉」だって言ってるんですよね。。。

てことはつまり、コラーゲンを外から摂取しても肌が潤うわけじゃないよって言ってるようなものです。

 

まぁたしかに主語がなかったんで詐欺でもなんでもないとは思うんですけど、でも、どうなんでしょう。

明らかにみんな「飲んだらお肌が潤うんだろうな~!」って思って飲んでるというのに!泣

しかも、喉を潤す目的だけなら水飲むし(笑)!

前々から「摂取しても無意味」だって噂はあったけど、こんなことを言われてしまうと「本当に効果なかったの?」って多くの人が思ってしまいますよね。

 

コラーゲンの摂取は意味がない?

ちなみに、「コラーゲンを食べても意味ない」と言われてる原因としては、こんな風に言われてます。

  1. 食べた(飲んだ)コラーゲンは胃の中でアミノ酸に分解されてしまうから
  2. 結局ゼラチン採ってるようなもの(単なるタンパク質)だから

 

ただ、アミノ酸に分解されるのは「全部」ではないんですが、たとえ一部残っていても、骨や内臓など(肌以外)も必要としてるので、残されたコラーゲン全部がお肌にいくってわけじゃないんです。

つまり、お肌に充分に行き渡るようにするには、実際はかなりの量を摂取しないと意味がないってことになるんです。

【スポンサーリンク】

 

とは言え、本当にカゴメ商品が効果ないとは言えない

ただ、最近私は美容ブログを運営するに当たって「薬事法」(現在は薬機法※食品や美容製品などを紹介する時に書いていい文面や決まりなどが細かく決められているもの)を勉強しているのですが・・・

商品を紹介するときに、やたらに

「〇〇に効果あります!」
「〇〇な状態がこうなります!」

と言えないということが分かったんですよね。
(商品の分類によっても違いますが、消費者に変に誤解を与えてしまうことは避ける!という意味ですね。)

もうね、ちょー細かいです。薬機法。
企業が宣伝文句に頭抱えているというのも頷けます。

なので、カゴメとしても、本当は「肌をうるおす」と言いたいけれど、それが言えないためただ「うるおす」という言葉を使って表現しているのではないかと思うんです。
(消費者に興味を持たせつつ、いざメスが入った時に説明できるため)

いち消費者にとったら「考えうる効果を全部書いてほしい!」と思っちゃうんですけどね。^^;
こればかりは、しょうがないのかな・・・という気がしてきました。

 

まとめ

コラーゲン入りのドリンクを飲んでも全然効果ないよ!ただ喉をうるおすだけだよ!

・・・とは、正直断言できないです。

でも、私は実際飲んで肌にツヤが出たし、肌が若干柔らかくなった印象を持ったのは事実です。

もし気になる人は、まずはお試しで試してみるのも私はアリだと思いますよ!!

 

スポンサーリンク





この情報をシェアする