酒粕と米麹の甘酒、美容にはどっちがおすすめ?栄養素を比較!

ここ最近ぐっと寒くなって、久しぶりに甘酒が飲みたくなってきました!

寒い冬にあったかぁ~い甘酒!その名の通り甘くておいしくて、子供の頃から大好きです☆(昔は学校帰りに近所で配ってたのをよく飲んでたなぁ。)

しかも甘酒って、実はかな~り美容効果が高い飲み物なんですよね(*^_^*)

なので早速買いに行きたいくらいなんですけど、でもたしか甘酒って酒粕で作るものと、米麹で作るものの2種類あったはず。。。?

一般的には「米麹の方が栄養価高い」って言われてますけど、具体的にどう違うんだろう?って疑問に思ってしまいました。

【スポンサーリンク】

「飲む点滴」は米麹の甘酒の方!

甘酒と言えば、世間では「飲む点滴」って言われてますよね。

それは、甘酒に含まれてる
・ビタミンB群(B1、B2、B6)
・葉酸
・食物繊維
・オリゴ糖
・必須アミノ酸
・ブドウ糖
が、栄養剤としての点滴とほぼ同じ成分だからなんだそうです。

でも、これは酒粕で作った甘酒の方じゃなくて、「米麹」で作った甘酒の方を指して言うんだとか!(甘酒全般を言うのかと思ってました。。。)

もちろん酒粕で作った甘酒も栄養価は高いんですが、米麹から作った甘酒の方が栄養価が高いっていうのが一般的な常識?なんだそうですよー!

 

酒粕も米麹も甘くておいしい!でも酒粕は要注意

そもそもこの2つは作り方が全然違くて、酒粕の甘酒は水でといて煮詰めていて、米麹の甘酒は水と米麹とお米を発酵させて作ってます。

ここで大きく違うのは、酒粕の方はそれ自体にはあんまり味がないので大量の「砂糖を入れて」甘くしてるんですけど、米麹の方は発酵することによってできるブドウ糖自体が甘いので、「砂糖は入れてない」ってとこですね。

あとは、アルコールが入ってるか入ってないか!(米麹はノンアルコールです)

この2つの違いは大きいです。特に砂糖は、ただ太るだけじゃなくて、下手したらお肌の乾燥とかしみそばかすにも繋がっちゃうっていう怖い一面も持ってるんですよ。。。

※砂糖と美容の関係についてはこちらの記事で詳しく書いてます。

なので、「私特にダイエットしてないから大丈夫~♪」って思ってぐびぐび飲んじゃうのは危険です( ;∀;)市販のものとか、砂糖結構~入ってます。。。

【スポンサーリンク】

 米麹の甘酒にはメリットいっぱい?

また、米麹の方は「発酵」させるので、発酵食品としての効果がより期待できるって言われてるんですよね。

発酵することのメリットと言えば、食べ物がおいしくなる、栄養価がより高くなる、そして体内に栄養がより吸収されやすくなる!!

すごいですよね。ただでさえ甘酒に含まれてるビタミンB群やアミノ酸は美容に最適って言われてるのに、それをちゃんと体の隅々まで届けてくれるとなったら鬼に金棒です!

ただ、だからと言って私は「米麹の方が絶対絶対おすすめだよ!」とは言いません。

なぜなら、酒粕の甘酒も実は米麹に負けてない美容ポイントがあるからなんですよね。

 

酒粕の甘酒の方が優れてるところ!

実は、酒粕で作る甘酒は、米麹で作る甘酒よりも

・ビタミン類
・たんぱく質
・食物繊維

がたっぷり含まれてるって言われてるんです。

ちなみに、ビタミンとたんぱく質は米麹の倍以上!

ビタミンは皮膚を活性化してくれる働きあるし、たんぱく質が不足すると、新陳代謝が悪くなって肌のつやがなくなったり、たるみの原因になったりするんだそうです。

それに、例えば便秘気味の人だったら、食物繊維たっぷりの酒粕甘酒の方がいいですよね。

他にも、酒粕にはシミの原因になるメラニン色素が元気になるのを抑えてくれる「スフィンゴ脂質」とか、体の中の油を体内に出してくれる「レジスタントプロテイン」なんていう栄養素も含まれてたりして、結構美容効果&ダイエット効果がバツグンだって言われてるんですよー!

 

まとめ

砂糖やアルコールなんかを考えたら、断然米麹の甘酒の方がおすすめ!です。

でも実際に調べてみて分かったのは、「どっちも栄養価高い!」ってことでした。

なので、多少砂糖は気になるけど、酒粕の方が味が好きー!とか、やっぱりアルコール入ってないと!!って言うなら、酒粕の方でも全然アリだと思いますね。

ちなみに私は米麹の甘酒に興味深々なんですが、今まで酒粕の甘酒しか飲んだことないので味にちょっぴり不安です。。。

もし実際に飲んでみてダメだったら、最終的には酒粕の方に戻っちゃうかも!(できるだけ砂糖入ってないものね!)

※砂糖の量と言えば、こちらの飲み物も注意!

スポンサーリンク