エアコンの除湿、肌には何度が最適?(カビの肌への影響も考える!)

昨日、寝るときにもうどうにも我慢できなくなってしまって(寝苦しくて)、ついにエアコンデビューしましたー!

 

久しぶりだったので、何度にしたらいいか分からず?とりあえず26度でピピッ。(ちなみに除湿です)

しばらく暑いままだったけど、気がついたら快適温度になってたみたいでそのまま爆睡しちゃって・・・次の日起きたら、案の定肌がカッサカサになってました。(涙

ただでさえ肌断食はじめて肌が超乾燥状態なのに、もう超~ショック!です(T_T)

 

【スポンサーリンク】

冷房よりも除湿がオススメなワケ

その前に、冷房も除湿もどっちも肌にはあんまり良くないのは確か(乾燥しますしね!)なんですが、実は使う時には「除湿」の方が断然おすすめだそうです。

冷房はとにかく部屋の温度を下げることをメインで頑張るので、体が冷えてしまって、汗をかかなくなってしまいます。

実は、私たちの体は汗をかかないと

  1. 老廃物が体から出ない
  2. 基礎代謝が上がらない

っていうマイナス部分が出てきてしまうらしいんですよ。

もちろん、これはお肌にとってもマイナスなことですよね。一気に体が冷えて暑さから解放されるのは嬉しいけど、健康にも美容にも良くないってちょっと考えものですよね(^^;)

 

それに比べて除湿の方は、『温度を下げないまま』部屋の湿度を取り除こうと頑張ってくれるので、快適な空間になるまである程度汗をかくことで、冷房よりお肌への負担が断然少ないって言われてるんです。

reibo-dry0711エネチェンジさんHPより)

ただひとつ注意点があって、必要以上に湿度を取り除くと、今度は『冷房よりも』お肌に悪い影響が出てしまいます。

なので適度な湿度に保つのがとっても重要なんですけど、じゃあ最低な湿度は何度かと言ったら、ズバリ「60~65%」!

実は「60~65%の湿度」が一番健康、そして”お肌”にいいって言われているんですよ。

60%を下回ってしまうとお肌がじわじわと乾燥しはじめて、気がついたら肌がガサガサ、唇カサカサ・・・なんてことになってしまうのでくれぐれも注意ですよ。

【スポンサーリンク】

 

じゃあエアコンの除湿は何度に設定すればいいの?

ただ、エアコンの除湿機能だと湿度設定できないですよね。

加湿器や除湿器を使えば設定できますが、エアコンのみで何とかしたいー!って時は(←私がそうです。)外の温度より1~3度低いくらいの温度で設定してください。

なので、例えば熱帯夜で30度ある夜だったら、除湿温度は27度~29度ですね。

ここで重要なのは、【必要以上に設定温度を低くしないこと】!

真夏に29度って地獄じゃんって思いますけど(実際地獄ですけど)将来の健康、お肌のことを考えるならやっぱり高めの設定の方がいいってことですね。

 

ちなみに私は今日も寝苦しくなりそうなので、除湿にプラスして扇風機を回す予定です。

それでも「暑い!暑すぎる!」って時は、冷房を高い温度でつけて、直接肌に当たらない角度にしています。

去年もその方法でいったのですが、これが結構快適で、暑くて寝られなかったー!ってことは今のところないですよ^^

 

まとめ

お肌のことを考えるなら

  • 「冷房」ではなく「除湿」
  • 設定温度は外の気温-1~3度
  • タイマーを忘れずにつける
  • 扇風機をうまく活用(時には冷房も)

ちなみに、事前のエアコン掃除をちゃんとやらないと、ニキビやアレルギーの原因になることがあるらしいので注意が必要です!

ほこりとかカビ、部屋中にまき散らしてるようなもんだしね。うちも早速夫に掃除してもらいましたよ~。(←夫はエアコン担当と勝手に決めている)

エアコンの除湿機能や他の冷房器具をうまく使って、何とかこの夏を乗り切りましょう!

スポンサーリンク





この情報をシェアする